上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六本木TOHOシネマズにて

コティヤールが上手い! それに尽きる。彼女でもってる映画。
見ていて、こちらがどんどん入り込むようなタイプの映画じゃない。
むしろ、一歩距離を置いて見てしまう、という感じの方が強い。

それでも、いい映画だと思う。
距離を置く分、映画全体の構成にどうしても目がいくんだけど、
そんな風に客観的に見てしまったとしても、構成はそれに耐えうる。
特に最後は凄い。4場面を同時に交錯させるとか、考えないでしょ。
しかも、それを見ても自然に入ってきて、理解するのが難しくない。

「うわー、すげー、感動した!!」
っていう映画ではなかったけど、たいへん秀逸な作品だと思いました。
「よくできてる」という表現がまさにピッタリの映画。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/59-3ecd93b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。