上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 久しぶりシリーズ第2弾、というわけではありませんが、こちらも久しぶりだったので。英国史に比べるとずいぶんグレードが落ちる感じがしますが、何年かぶりに鼻血を出しました。しかも、シャワーを浴びている最中に。気が付いたら、勢い良く浴槽の底にぶつかる水しぶきが真っ赤になっており、ちょうど剃刀を扱っている最中だったのでそんなに派手に頬を切ったのかと思ったら鼻血でしたというわけ。シャワーから出るお湯にも助けられ、まさに血しぶき。なかなか印象的な絵でございました。

 シャワーのお湯によって水増し(まさに)されただけかもしれないけれど、結構すごい量が出た割には止まるのも割合早く、あんまり面倒くさくなくて助かりました。しかし、素っ裸で全身ずぶ濡れの状態で鼻血がすごい勢いで出て来ると、バスタオルを犠牲にして(=最も手近なところにあるバスタオルで血の処理をして)しまおうかという一瞬の葛藤に悩まされるものですね。今回した決断は、鼻血が付かないようにさっと髪と足の水気だけとって、さくっと隣室にティッシュを取りに行くという軽業。なんでもないようで、この決断をできた自分を褒めてあげたいです。おかげでバスタオルはこれまでどおり清潔。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/539-e5630d99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。