上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 腕前はド素人にちょっと毛が生えたようなもんですが、他に答えるものもないので、趣味はと聞かれるとピアノと答えることが多いです。そんなボクでも、どの鍵盤がドなのかさえわからないような人の前でピアノを弾くなどすると、「なんでそんなに速く指が動くの?」とか「なんで右手と左手に違う動きをさせられるの?」とかいろいろ素朴な疑問を投げかけられることも少なからずあります。そんな中で、なかなか的を射た質問だなとときどき思うのが、「弾いている間ってどこ見てるの? 指? 鍵盤?」というような質問。ボクは人前で弾く時に楽譜を見ながら弾くことがあまりないので「楽譜」という答えは想定されないわけで、たしかに楽譜を見る場合を除き、ピアニストはどこに目を向けているのかというのは分析の対象として面白いと思います。

 もちろん、目をつぶっている瞬間もあれば、あらぬ方向を向いている瞬間も少なからずあるわけで、それはそれで分析の対象として面白いと思うのですが、今日のところは打鍵の位置を捉える必要がある場合、具体的には速いパッセージや跳躍が連なるような部分を弾く場合、ピアニストは何を見ているのかという点を考えようかと思います。ボクなりの答えは「ちょっと先に押さえるべき個々の鍵盤の位置」というものです。まず「ちょっと先」については、鍵盤を押さえるべきその瞬間に鍵盤(又は指)に目を向けたところで間に合いません。指の動きをずっと目で追っていれば、その瞬間に正しい鍵盤の上に指が来ているのではないかとの御指摘もあり得ようかと思いますが、それはボクの答えの「個々の」にかかる部分であって、実際、同時に複数の鍵盤(又は指)に目を向けることなんてできないとボクは思うのです。まるで写真を取るみたいに映像として2つの手の10本の指が鍵盤に触れているところを捉えるのだとかいうような話も耳にしたことはあるものの、少なくとも今のボクの状態では、そういう風に広い視野を取った時に、個々の指がそれぞれどの鍵盤の上にあるか、もっといえば、それぞれの鍵盤を正確に捉えていて、隣の鍵盤も一緒に鳴らしてしまう心配はないかというところまでを一瞬のうちに見るということは不可能だと思います。ボクの答えのうち「鍵盤の位置」は、指の位置ではないということ。「ちょっと先に」押さえるべき鍵盤の位置を見ているので、その鍵盤を押さえるべき指のことはその瞬間には見ていないということになるわけです。そうかなぁ?と思っているピアノ弾きの皆さんは、ピアノの真ん中あたりでこちょこちょ弾いていたのに突然両腕を左右に広げて弾かなければいけないような曲を思い浮かべてください。たぶん、左右に広げる直前に、左手と右手が押さえるべき鍵盤を別々に一瞥してから両腕を広げているはずです。

 もっとも「見る」だけでは上手に弾けないわけで、指が回るという条件の他に、見た鍵盤により速く手を運んでくるという動作が必要なわけで、ボクに欠けているところはそこなんじゃないかなぁと日頃から思っています。日本でもフランスでも、手を持ってくるのが遅いという指摘を受けることがしばしば。要するににぶいんですかね。

 これとはちょっと外れるけれど、こういう風にピアニスト又は他の楽器奏者の行動に関する研究って行われているんでしょうか。別に物理的な行動に限らず、個人の奏法とかでも良いんだけど、どうも音楽の世界は、分析が研究手法の一つとして完全に確立されていることの影響によるのか、それとも個々の演奏家のスタイルなんて1つの曲の数ある解釈の一つに過ぎないという意識がどこかにあるためなのか、曲そのものが研究対象にされることは多いとはいえ、個々の奏者の奏法・行動・テクニック等が話題になることは少ないような気がするのです。でも楽譜とにらめっこして楽曲分析でもしない限り、日常生活で我々が「曲そのもの」に触れる機会なんてまずないわけで、我々が1つの曲に触れる時には必ず1人ないし複数の奏者の奏法・行動・テクニックによる媒介を伴わざるを得ないわけです。そう考えると、奏者によってもたらされる要素についてなんら分析しないというのはちょっと怠慢なんじゃないかなぁとか思うんですが、どうなんでしょうね。

 話は更にずれるけど、この観点から作曲家を扱う博物館というのはすごく難しいと思いました。画家と違って「見せる」ものはほとんどない(あるとしても使った楽器とか机とかいった遺品たちぐらい)し、実際に彼らの本業は音を作ることなので「聴く」ことに主眼が置かれるべきなのですが、「聴く」ためには彼らの作品だけではなくそれを解釈し演奏する別の人間が必要だという点で、博物館として構造的な弱さを抱えているなと思うわけです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/530-097dfcae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。