上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.23 最終回40%台
 なつかし画像特集というわけではありませんが、「家政婦のミタ」の最終回が関東地区で視聴率40%を記録したというニュースに接し(どんなドラマなのかは全然知りませんが。)、「ドラマ・最終回・40%台」というキーワードから思い出されるのは、ボクたちの世代にとっては当然この作品なわけです。初回の一番最初とか、中盤のいくつかの名シーンとかを復習してから(笑)、最終回をがっつり見てしまいました。いやぁ、やはり名作。



 たしかよく年末に3~4日で一気に再放送するというのを一頃はやっていたような気がしますが、去年・今年あたりはやっていないのかしらん。たしか中3の時にはほぼ学年全体でスキー合宿に行ったのだけど、夕方はみんながトランプか何かで盛り上がる横で、一人でテレビで釘付けになっていました(笑)。その後、youtubeに助けられて何度か見る機会に恵まれ、何度となく見ているのですが、今日見て初めて認識したことには、劇中で杏子は27歳という設定だったのですね。もうすぐ同い年。中学生の時は23歳と29歳の違いも感覚的にはまったく理解していなかったものの、登場人物の年齢をこれほど身近に感じる時が来るとは。苦笑 お兄さんお姉さんのお話だと思っていたのになぁ。

 泣きどころの多い最終回、もちろん直球ストレートの泣きどころもあるのですが、ボクとしては水野美紀(何も「水飲み器」って変換しなくても良いんじゃないの…)演じるサチが、杏子がサチの赤ちゃんのために内緒で編んでいた靴下を発見するシーンが、昔からグッと来るのです。それはつまり水野美紀が名演を披露しているということか…? 今日改めて見ておもったのは、劇中の状況がどうというよりは、水野美紀の涙にもらい泣きしてしまう要素がとても強い気がしたので。なんにせよ、話の筋からすると傍系だけど、良いシーンですな。真面目に、DVD買おうかな…DVDを買っても元を取れるぐらいの回数は既に見ているし…。

 そして年末、昨年も同じことを考えましたが、フィギュアの全日本選手権を見られないのが一番痛い。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/519-0a47dcf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。