上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちゃんと予告どおりのことを書きます。タイトルはfacebookと誕生日。mixiには足あとという要らない機能がありましたし、GREEはなかなか退会できないという厄介な機能が最近も話題になりました。facebookは最近日本でも急速に普及してきたようですが、そしてこれはmixiにもあった機能かもしれませんが、友達の誕生日を御丁寧に教えてくれるという機能があります。端的に言えば、この機能要らないだろと思っているので、この記事を書こうと思ったわけです。

ボクは、友達の誕生日を事前に何か誕生日に関するやりとりがあってその人の誕生日を知っていた場合に、主としてメールを送るという方法で誕生日をお祝いする気持ちを伝えます。全員の連絡先が携帯に入っていた日本にいた頃と違い、みんなの連絡先をすぐに引き出せる形でPC上のアドレス帳に入れているわけではないので、フランスに来てからはこれがちょっとおろそかになっていますが、基本的な方針に変わりはありません。facebookとの関係でいうと、ボクは自分が相手の誕生日を覚えているという事実を相手との関係性を見極める一つのファクターとしているのに、facebookのおかげで、誕生日を覚えていなくても友達に誕生日メッセージを送れることになってしまい、相手がそういう輩と自分の区別を十分にできなくなるではないか!という自分勝手な事情がこの機能に反対する理由の一つ。

さらに言えば、facebookに教えてもらいさえすれば誰彼構わず似たような文面でお祝いをする、場合によってはメッセージですらなく公の場に無難なメッセージを書き込むということが横行するなか、そういうことをされてもそんなに嬉しくないなぁというのが正直なところです。メッセージをもらうこと自体にネガティヴになっているわけではなくて、前のパラグラフに書いたことと逆で、ボクの誕生日を前からちゃんとわかっていてしっかりお祝いをしようとしてくれる人としっかり差別化を図りたいなと。その観点から、ボクはfacebook上で誕生日を公開していません。誰彼構わず同じメッセージをみんなの目に触れるように書き込んでいる人が、facebookの力一つないと為す術がないという様子は悪いけどちょっと滑稽ですらあります。この基本的な考え方に従い、彼に誰かの誕生日をfacebookのこの機能によって初めて知ったとしても、ボクはメッセージを送るということはしません。

友達の誕生日の見つけたところで何もしないというボクみたいな人もいるかもしれないし、特に仲の良い友達だったらメッセージを送るという人もいるかもしれないし、facebook上の友達であれば誰彼構わずにおめでとうメッセージを書き込むという人もいますし、結局この機能の使い方も人それぞれなわけですが、前から疑問に思っていたので書いてみました。タイミングも難しくて、誰かの誕生日の様子を見たからこんなことを書いているのではないかと憶測されるのではないかとかいろいろ考え、ここまで延ばし延ばしにしてきたのですが、そういう憶測を持たれるおそれはどのタイミングでも完全には排除できないので、まぁいいやということで書くことにしたわけです。まぁ、他人様がやることなので別にボクがあれこれ言うべきことではないのですが。

それにしても、相手の誕生日を前から知っていたのでメールでおめでとうというメッセージを送ったところ、facebookを見てfacebook上にメッセージを書き連ねた何十人もの人に通り一遍の返信をして、ボクのメールはしばらく放置ということをされたことがありますが、それはさすがにどういうつもりなのという感じでした。メールだからちゃんと考えて返そうと思ったんだよきっと、という諫言が聞こえてきそうですが、facebook上のやりとりは多くの人の目に触れるということに目が向いていれば、ボクだったらそんなことしないけどなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/515-559b0070
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。