上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 別に他になんとか編があるわけではないのですが、「小さな」喜びである以上たくさんあって然るべきであろうという希望的観測に基づき、意味もなく「銀行編」と限定をかけてみました。

 フランスでは銀行口座を2つ持っていて、そのうち1つの口座のカードがしばらく前から使えない状態になっていました。そこらへんの支店に行ったら、自分の口座の支店と連絡を取ってくれというようなことを言われ、その支店は来仏当初に滞在していた遠く離れた南仏にあるので実際に足を運ぶわけにもいかず、かといってこの手のこゴタゴタを電話で片付けようとするとどうせ厄介なことになるんだよなーとか思って、じゃぁもう1つの方で済ましていればいいやーと放っておいたわけです。

 とはいえ、銀行としての使い勝手という観点からは、カードが使えなくなってしまった方の口座に分があるので、やっぱりいつまでも放っておくわけにはいかないと思い、電話をかけることに。電話をかけようにも、支店にかけたいにもかかわらず、自動案内の代表番号しかわからないというお約束の展開。最初のガイダンスに始まり、いくつかの自動音声の質問にプッシュホンで応えていき、ある程度絞られた時点でやっとオペレーターにつながる。かくかくしかじかでと説明すると、名前は?と言われ、名前を答える。どうやらこれが個人の確認(日本だと、登録してある住所やら電話番号やら生年月日やらを聞かれるプロセス。)の役割を果たしているらしい。まぁ、たしかに「個人番号」として親展の郵便物で送られてきた番号はプッシュホンに入力したけどさ、普通、最後に口頭で確認するものの方がザ・個人情報の様相を呈するはずなのではなくて? 名前を確認してもらうと、「それは支店と直接話さないとダメね。」と。そうだよ、それがわかっているから支店の番号として載っていたこの番号にかけたんだよ、と。「今からつないであげる。」と言われ、わずか1分で支店に接続。おぉ、順調。「かくかくしかじかで。」と再度説明すると、「オッケー、かくかくしかじかでサービスを止めていたみたいだから、すぐに再開させます。最大48時間かかるけど、その後は普通に使えるよ。」とのこと。

 というわけで、わずか1回の電話でミッション・コンプリート。購入した洗濯機や冷蔵庫を搬入するだけでも何回も電話がかかってきて何回も日付が変わって…というプロセスを経たわけで、もうそんなのに慣れっこになってしまい、どうせ今回もそんななんだろう、時間かかるならもう1枚カード持っていて良かったーとか思っていたのに、いざ電話をかけてみるとあまりにスムーズに物事が運んで、衝撃を受けました。なかなか気分が良い。

 とはいえ、「最大48時間」はあくまでも電話での向こうの言い分。48時間後にお金をおろそうとしてもやはりおろせないということが起こる可能性もあるとは言えない。油断は禁物。On verra.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/499-5a0ebedb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。