上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日も、週末なのになんだか比較的さくっと起きてしまったので、シャワーを浴び、お出かけ。ちょうど気持ちが良いぐらいの暖かさだったので、コットンニットのカットソー1枚で。ハネムーンで来仏中だった先輩夫妻を案内した時、イースター休暇に重なってすごい人の数だったトゥイルリー公園を、静かな時にも楽しもうと思って、メトロでコンコルドまで。この公園自体には何度となく来ているのだけど、やはりこの季節ならではの光というのもあるのではないかと思って。日曜日だということもあり、しかもメーデーでオランジュリー美術館が休みだというのもあり、午前10時の割には結構人が出ている。ジョギングブームに乗っかって、走っている人たちがものすごくいっぱいいる。気持ち良さそうだ。ボクも走ってみようかな、などと柄にもないことを考える。人がいっぱいいるといっても、噴水の周りに大量に並んでいる椅子が全部埋まるほどではない。この椅子、ものによっては150度ぐらい傾いていて、日向ぼっこにちょうどいい。

 さっそくその椅子のうちの1つをゲットし、昨日読みきらなかったペーパーを少しずつ読む。天気が良くて気持ちが良いので、頭もほんわかしてきて、本当に少しずつしか進まない。面白いもので、あまりに気持ちが良いと、頭もまぁそれでいいじゃないかと考えるようになるから不思議。まぁ、どうせおとなしく家にいるとその手の仕事は何も手につかない人間なので、少しずつしか進まなくても進まないよりずっと良いということは真実ではあるのだけど。これで、サイドテーブルと美味しいコーヒーでもあれば文句ない(笑)。1時間ぐらいかけて、アラウによるモーツァルトのソナタ全集を聴きながら(必ずしも全部が良い演奏ではない。ちょっと、もっとちゃんと練習すれば?というものも正直ある。)、読むべきものはとりあえず読む。読むだけじゃどうしようもない課題なのだけど、提出はまだ先ということで今日はここで打ち止め。

 ここから本格的に日向ぼっこ開始。モーツァルトのソナタを聴き続けたり、たまにフランソワによるドビュッシーのプレリュード集に変えたりしながら、椅子にのんびり座り続ける。だんだん陽が高くなってきたので、かつ、サングラスを持って来ていなかったので、ハンカチを顔面にかぶせる。これはすっかり寝るモード。しっかり寝入ったわけではないけど、うたた寝するのにこれ以上望ましい環境はないのではないかと思えるほどの至福の時。普段なかなかこういう何もしない時間というのは取らない性質の人間なのだけど、うっかり単に余暇のために読む本を持って来忘れたので、課題のペーパーを読み進めるほかにはさしてやることもなく、1時間ぼけっとする。いつも何かしている方なので、こういう時間を取るのは本当に珍しい。それぐらい春の日差しが気持ち良かったということかな。

 正午、トゥイルリー公園の中とオルセーのあたりをちょっとだけフラフラしてから、メトロで自宅近辺に戻る。なんとなく小腹も空いたので、近所のお気に入りのクレープリーで昼食。受付嬢代わりの猫が今日も迎えてくれて、かわいい。そんな春のパリ、日曜日の午前中。


tuillerie
噴水前の座った椅子から
構図も何もあったもんじゃない感じ、くつろぎすぎですかね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/455-1d2cb6df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。