上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.19 ブリュッセル
に日帰りで出張してきました~。学校のプログラムの関係で、ちょっとした国際会議に出席。


talys
パリ東駅7時25分発のタリス

station
ブリュッセル南駅に到着

salledereunion
会議室はこんな感じ



大した会議じゃないのに、立ち並ぶ通訳ブースの数に圧倒される。各ブースに3~4人が入って交代で通訳をしているから、参加者よりも通訳の方が多いんじゃないのか?という勢い。英語で聴くこともできたのだけど、英国人が喋る時以外は、フランス語で聴き通してみました。訳している人も、考えながらゆっくり言葉を紡ぎだしてくれるので、テレビやラジオを聴くよりはむしろラクだったかも。

ベルギーはちょっとした縁のある国で12年ぶりの訪問となり、空いた時間に街の中心部にも行けるかなと思ったものの、昼休み以外は休憩なしで会議ぶっ続け。こっちの人たちもそういう働き方するのですね。昼休みも、1時間ちょっとだったので、会場に併設されていた食堂で済ますことに。夕方も、会議が終わったのが電車の出発40分前で、残念ながら直帰。

電車の中では、たまたま席が隣り合ったおばさんと、どちらからともなくおしゃべりをすることになり、1時間ぐらいずっとおしゃべりしていました。彼女はアムステルダムから乗って来ていたそうなので、仕事をしていたみたいだけど、さすがに飽きてきていて喋り相手がいてちょうど良かったのかな。会議ではずっと他の人の発言を聞いてばかりいたので、ボクも喋る機会があって良かったというもの。

検札が来た時に、「私はもうさっきされたのにまた来たのね」と彼女がつぶやいたので、「日本では、車掌さんがちゃんと管理しているから、1回目の人しか検札されないよ」と説明すると、「フランス人は基本的に人間は嘘をつく、悪いことをする、と考えているから、2回だろうが3回だろうがやるのが普通よ」としれっとフランス人性悪説に立った説明をしてくれました。笑 自分もパリジェンヌらしいのだけど、多くの人が言うとおりパリの人たちは不親切だと断言していたし。住んでみたところ全然そんな印象ないよとフォローしてみたけど、「そんなことない。ベルギー人の方が絶対に人がよくて親切よ。」と切り返される。電車の中で気ままにおしゃべりをして、こんなことをしゃあしゃあと言ってのけるあなたは十分にいい人だと思いますけど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/444-c0b61401
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。