上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 と訳されることが多いのだけれども、どうも『Boeuf bourguignon』の方がしっくりくる気がしてしまうのは、単なるフランスかぶれでしょうか。笑 いやいや、でも日本だって相当メジャーなメニューですしね、日本にいる時からこの料理は「赤ワイン煮」ではなく「ブルギニオン」だと思っていましたよ、いかんせんカタカナで書いてみるとなんだか変だけど。

 今日、11月11日は、ポッキー&プリッツの日、ではなくて、フランスでは第1次大戦の終戦記念日ということで祝日になっています。例によっては祝日は街の中は静まり返っているので、基本的に家にいることが多いのですが、今日も御多分にもれず特に外出する予定はなく、なら時間のある時に時間のかかるものでも作ってみようか、せっかくフランスにいるのだしフランスらしいものもたまには、ということで作ってみました。じゃじゃん。


bourguignon


 自分でやるとどうなるんだろう、とちょっと謎だったのですが、時間がかかると言われている割には、別にそうでもなく、かつ、思ったより美味しく、割と大満足な夕食でございました。おいしいバゲットと、おいしいカヴェルネ・ソーヴィニヨンと一緒に食べれば、最高ですね。もともとゴハンそのものに対する執着は薄いのだけど、こういうことやっていると、やはり依然として白いゴハンは恋しくなりません。。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/404-0fcb9f25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。