上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットで恐ろしく安く買えるのですね。知りませんでした。洋服とかも、多少安く手に入るものはあるけれど、誤差の範囲だと思い、香水も似たようなものかと思ったのが甘かったですね。従来、地元の香水屋さんがオリジナルで作っているものを使っていたので、そもそもネットで香水を買うということ自体考えなかったわけだけれども、今回、前のがなくなって、普通に売っているものを買おうと思って、普通に店頭で売っているものを買ったわけです。で、帰って、この香水の評判はどうなんだろうと思って検索をかけたが最後、出るわ出るわ安い値段が。だいぶ損した気分です。

でもまぁ、前のが完全になくなるまで何もしないでいたので、おかげで買った日から使うことができたので、そこだけは良かったのですが。でも、その差額、たった数日早くから使えることの代償として払うにはちょっと大きすぎる。なんて、こんなところでケチケチしたって仕方ないと思えという自分もいるのですが、こんなところだからこそケチケチするわけで。

最近読んでいるとある小説に、「これまで小説に書かれたり、芝居に為組(しく)まれたりしている守銭奴は、殆ど絶待的(ぜったいてき)な奴ばかりのようである。活きた、金を溜める男には、実際そうでないのが多い。けちな癖に、女には目がないとか、不思議に食奢(くいおごり)だけはするとかいうのがそれである。」というフレーズがあり、なんとなくそれを思い出しました。念のため断っておきますが、というかこれだけゴチャゴチャ書いて説得力がないと思われるかもしれませんが、単に思い出したというだけであって、ボクは決してけちなわけではありません。笑
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/359-b9a67704
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。