上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.06 麺屋武蔵
に久しぶりに行きました。何年ぶりだろう…少なくとも本店については、
最後に行ったのは大学2年生の時のような気がするから…4年ぶり!?
いやはや、お久しぶりです。

というわけで、つけ麺にしようか迷ったものの、武蔵らーめんを注文。
割と中途半端な時間(午後6時ごろ)に行ったんだけど、結構混んでました。
列は店の外まではぎりぎり出ていないかなぁ、ぐらい。
この店、昼どきはあり得ないぐらい店の外にまで列が伸びるので、マシなのだけど。

久しぶりに来た嬉しさのあまり、ビールも頼んで、ゴハンも頼んでしまいました。
連れと乾杯している間に、らーめんもやってきました。あぁ、そうそう、この太麺。
あっさりorこってりで「あっさり」を選んだんだけど、それでもかなりキてました。
これで「こってり」にしていたらどれだけなんだろう…とか思ってしまったのは年のせいでしょうか。
それでも、スーツ姿のお兄様方は我先にと「こってり」を注文していたので、
「こってり」は「こってり」で確実に需要を引き起こしているようでした。

スープが美味しいのは、言うまでもなく。
カツオが程よく薫っていいなぁと思っていたのですが、
連れの分析では、にぼしも相当量使われているのではないか、とのこと。
なるほど、それは4年前にも気が付かない論点でありました。
そりゃね、カツオ100%なんて芸のないことはしないんでしょうね、人気店は。

そして、ゴハン。
ここにたどり着いた時点でかなりお腹いっぱいだったんだけど
(前日には、3杯しか飲まなかったくせに一人当たり5000円分以上焼き鳥を食っている。)、
美味し過ぎました。チャーシューのくずと高菜ををもう1回カツオだしにくぐらせた感じのが、
白いゴハンの上にたっぷりかけられていたのだけど、こんなにゴハン食べたいと思ったの久しぶり。

いやー、さすがは名店。
らーめんの味自体は、「おいしい」ということ以外あまり覚えていなかったようで、
想像していたのとちょっと違ったんだけど、いずれにせよ、おいしかったです。
系列の店(というか、暖簾分け)が都内にいくつかあって、うち上野と青山には行ったことあるんだけど、
どっちもそれぞれ違う味でイイ感じです。上野はもっとカツオって感じ。青山はもっとあっさり。
それぞれ「武蔵無骨」「武蔵青山(せいざん)」という名前だったはず、お試しあれ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/349-2209bbab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。