上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買いました。半年ぐらい、起動するとしばらく震えが止まらなくて、なかなか通常どおり撮影することができないという症状が続いていたので。人数が多いときに、「はーい、写真撮りましょう~」とかもできないし、風景にしても決定的な瞬間(というほど大げさなものではないのだけど)に咄嗟にシャッターを押すことができないし、いろいろ不便があったので。

先月、1度下見を済ませており、その時には、デジタル一眼レフとまではいかずとも、それなりにコンパクトだけど、マニュアル操作ができる機種にしようと思っていました。その時点で候補に挙がったのは、オリンパスのE-P1であり、リコーのGR DIGITAL IIIであったのだけど、どちらも高額。ざっと11万円と8万円。今日行ってみると、リコーがGXシリーズという比較的廉価だけどマニュアル操作ができるものを出しており、さらにニコンが同クラスのカメラを販売していることが判明。ざっと5万円弱。ニコンにしようかなーと思ったものの、在庫がない上、発売が昨年夏で既にメーカーにおいてすら欠品なので、入荷はいつになるかわからないとのこと。ザ・カメラメーカーだし、というのもあって既にニコンで盛り上がっていたので、ちょっとリコーが霞んで見えてします。それでも、マニュアル操作のカメラを持って、絞りやシャッター速度を自分でいじりながら写真を撮るのは面白いことは明らか…。とはいえ、今までは普通のコンパクトカメラを使っていたわけで、それであれば2~4万円ぐらいでそれなりのものを買えるわけで、ここにきて迷い始める。

結局、お店の人にリコーのGXシリーズの操作を実際にやってもらって、絞りをいじって周りをピンボケさせて写真を撮ってみたりして、ある結論にたどり着きました。人数が多いときに「はーい、写真撮りましょう~」とやったり、風景を見て気に入ったものを瞬間的にパシャパシャ次々に撮ったり、そういうカメラの使い方をする僕にとって、撮影前に絞りやシャッター速度の調整を念入りに行うという作業が、楽しくもあるけど、不便でもあるということ。結局、マニュアル操作の利くカメラを手にしても、せっかちな性格のために、その操作性を活かすことなくカメラを使ってしまうのではないか、ということ。その時点でコンパクトカメラを購入することを決定。

最近一番人気だというオリンパスは約4万円。2位、3位はいわゆるカメラメーカーの製品ではなかったので、ちょっと気が引けて(それまで持っていたカメラにそんな不都合が生じたのも、もともとカメラで勝負するメーカーではなかったせいだと勝手に思い込んでいるため)、却下。その横に、光学ズームの倍率がオリンパスよりも低いものの、他のスペックはだいたい同じで2万4千円というニコンの代物を発見。というわけで、大英断を下して、そのニコンにしてしまいました。COOLPIX S570。

自分としては、当初欲しかったマニュアル操作可能な機種を斬ったことよりも、最後の最後でオリンパスの4万円を斬った決断に拍手。SDカードも買ったけど、ポイントも使って、結局2万円強でお買い上げ。最近、出費が激しいので、だいぶ助かりました。

それはそうと、SDカードの類はすごく進化が進んでいるんですね。2年前に買ったときの記憶では、2GBなんてすごく容量が大きくて、我ながらちょっと大きいのを買ったなぁという感じだったんだけど、最近は最低1GBが当たり前なんですね。しかも、1GBも2GBも大して値段変わらないし。前は普通に256MBとか512MBとかもゴロゴロしていたのになぁ…と時代の変化を感じずにはいられない24歳6か月でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/325-cf64a7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。