上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風上陸。久しぶりですね。JRが止まりすぎだとか報道では騒がれていましたが、「1年に1回あるかないかの頻度で台風が直撃し、そのときにはJRの脆弱性を露呈させる。」というのは、もはや織り込み済みなのではなかろうか、とすら思いますね。だって、1年に1回ぐらい同じ騒ぎが起こるのに、とことん進歩がないんだもの。だいたいどの橋が危なくて運転を見合わせざるを得ないのかは毎回決まっていて明らかなのだから、対策なんて講じようと思えば講じられるはず。

とまぁ、別に今日の本題はそれじゃなくて。今日は台風が上陸することがわかっていたので、かつ、昼休みはお昼当番(仕事があろうとなかろうと課内に残り、ゴハンを食べに出ている人の代わりに電話を受ける当番)だったので、お昼ご飯を買いに出るのも嫌だからお弁当を持っていこうと思った、かつ、天気がひどくならないうちに出勤してしまおうと思ったわけで、早起きして弁当を作り、いつもよりも早めに出勤しました。家を出ると、なんと、雨すら降っていない。職場の最寄り駅から職場まで歩く間、といってもものの30秒ぐらいなのだが、ちょっと雨が降っていたけど、でも横殴りなんてことはなく、身体はまったく濡れず。

出勤してからしばらくすると、窓をたたきつけるような暴風雨。こりゃぁ定時に出勤する人は大変だろう、こういう日に計画的に早起きをして、風雨を避けて出勤する自分は勝ち組だと思い、同じ意図で早く出勤していた同期の女の子(先日の『超ない!』の子)とも自分たちは勝ち組だよねーと語り合い、悦に浸っていたところだった。ところが、定時になる前に窓をたたきつける風雨は止み、むしろ空は明るくなってきた。雨は降っているものの、空は晴れているし、そもそも暴風域に入っているはずなのに風は大して強くない。結果、定時に出勤した人も、電車の運転見合わせに巻き込まれた人を除いては、割と通常に近い形で出勤できたようで、テンションガン下がり。せっかく早起きして、それがまさに正解だったと思い込んで、喜んでいたのに。面白くない。

それに関連して。台風だからと思って、普通の布製の傘が風で壊れても嫌だと思い、かつ、台風みたいな時はどんな立派な傘を差しても濡れるときは濡れるのだと思い、今日はあえてビニール傘で出勤したのだが、そういう判断をしたことについて「女の子っぽい。」と言われた。何が女の子っぽいのかと尋ねると、そういうどうでも良いことばかりくどくど考える頭を持っているところ、という答えが返ってきた。まず女の子に失礼なのではないかと思うと同時に、そういう細かなことまで考えの及ぶ女の子ばかりではないと思った。むしろ、そういう女の子ばかりだとしたら、日本人男性はハッピーだと思うのだけど。やっぱり、ずぼらなのはいけませんよね。別に台風のときに布製の傘を差すことをもってずぼらであるというつもりは毛頭ありませんけど。でもねぇ、その布製の傘が1万円ぐらいする超お気に入りの傘だったりしたら、どんなに頭が回らない人でも、ビニール傘を差すに決まっているよねぇ。そうでもないのかしら。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/321-3eba3472
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。