上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌舞伎座さよなら公演二月大歌舞伎、を見てきました!
夜の部で、演目は
 ●蘭平物狂
 ●勧進帳
 ●三人吉三巴白浪(抜粋)
というわけで、さすがさよなら公演、メジャーどころが揃っていたわけです。

蘭平は三津五郎、おりくに福助、弁慶は吉右衛門、富樫は菊五郎。
三人の吉三は玉三郎、松緑、染五郎、という配役でした。豪華。
蘭平は後半の立会いがまさに圧巻でこれぞスペクタクルって感じだったし、
勧進帳はお決まりの問答シーンや、弁慶の立ち居振る舞いがカッコよすぎでした。
巴白浪は、三人が兄弟の契りを交わすまでだけだったので残念だったけど、
それでも幕間の休憩を入れて、全部で4時間以上、満喫したのでした。むふふ。

ところで歌舞伎座公演は先月分から歌舞伎座さよなら公演と銘打たれています。
過去に評判の良かった演目を集中的に取り上げてくれるわけだから有り難いんだけど、
にしても、リニューアルのために3年間の閉鎖が始まるのは来年の3月でしょ?
僕はてっきりこの3月なのかと最初思っていたんだけど、
1年以上先の別れを見越して「さよなら公演」なんて大したもんだ。
僕も出国は来年の夏なので、そろそろさよなら飲み会を開いてもいいんだろうか。

さらに言えば、今の外観が維持されるというのは評価するけど、
なんで29階建ての高層ビルまでくっつけるんだろう。
オフィステナントなんか入れなくなって、十分な収益は上げているだろうに。
新たな収益が若手の育成に注がれるならまだしても、そうじゃないんでしょ、どうせ。残念。
若手といえば、蘭平物狂は橋之助が三男と共演してました。
どうせなら橋之助が蘭平をやって、親子でいっぱいからめばいいのに、
と思いつつ、三津五郎はすごく良かったので、あれで良かった。

来月は忠臣蔵、再来月は曽根崎心中、と演目はホントに華やかですねー。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/291-aed86a2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。