上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.13 今年の風邪
①熱+お腹
②熱+のど
の2タイプがあるらしい。

まずどっちにも「熱」という要素が入っているのが厄介だし、
しかも、どっちのタイプもこの熱がなかなか下がらないらしい。

というわけで、今週は厄介な風邪に見舞われ、ヒーヒー言ってました。タイプ①。
ふだん、「自分の風邪は絶対のどから。ベンザブロックは銀以外ありえない」と豪語していますが、
それぐらいのど以外の症状って、数えるほどしか出たことなくて、
お腹の風邪なんて、それこそ最近では3年生のときの新歓ぐらい。ましてや熱なんて。

と思っていたら、出たのです、熱が。
日曜日の深夜に、ちょっと頭思いなぁ~と思ってそのまま寝て、
月曜日の朝には、ちょっと熱っぽいかなぁ~という感じに。
「医者嫌い、薬嫌い」という日本人に多い感覚をまったく理解できない僕は、
そういうとき、さくっと薬を飲んだり、医者に見てもらったりします。だって早く治った方がいいし。
で、午前中に職場の診療所へ。

問診票に「症状:微熱」と書くと、じゃぁ測ってくださいと言われる。そりゃそうですよね。
測ると、驚きの38度4分。「微熱じゃないですか!」と女医さんから一喝。すんません。
症状は熱だけ、ということで、よく効く解熱剤(ボルタレン)を出してもらう。
すぐ飲むとたしかにガクンと熱は下がる。するともう普段どおり。
午後以降は職場の外での会議だったのだけど、通常通り働く。

火曜日になっても熱は下がらず、さらにお腹にも異変が。
再び診療所に行って、追加のボルタレンと、抗生物質・整腸剤・炎症止めをもらう。
4つも薬を飲むから、あたかも重病人のよう。やはり熱が下がっている間は普段どおり。
が、切れると怖い。起きている間は飲み続けていればいいからいいんだけど、寝ている間。
まさかと思ったけど、本当に薬が切れると目が覚める。
熱が出ているときのあの全身のだるさと、悪寒。おぉこれが悪寒か、という感じ。

水曜日もまだ下がらず、追加のボルタレンをもらう。
「そんなに飲んでるんですか!?」と看護士さんにビックリされる。苦笑
ええ、だって、飲むと下がるじゃないですか。ねぇ。

木曜日から熱は上がらなくなり、お腹だけに。
あとは順繰り良くなっていきましたとさ。
木曜、金曜は職場関係の忘年会にもがっつり出席。


というわけで、今年の風邪は厄介ですから気をつけてください、みなさま。
熱が長いのが厄介。まぁ、これは休まずに働いちゃったから、かもしれないけど。
でも逆に言うと、主な症状は熱だけだから、解熱剤さえ飲めば、日常生活に支障はないのです。
このあたりは、のどが痛いとか、頭痛がひどいとか、鼻づまりで頭がボーッとするとか、
その手の風邪に比べると、かえってマシなのかもしれない。

健やかに楽しい年末年始を迎えましょう。
今日を休肝日とし、日、月、火とまた忘年会。なんだそれ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/267-df35726f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。