上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kokuritsushinbijutsukan

見てきました@国立新美術館。

広い会場だったからマシだったものの、混んでた。とにかく。
まぁ3連休の中日なんかに行くこっちも悪いんだけど。
18時閉館、金曜日は20時閉館というのは、他のミュゼより遅くて結構なんだけど、
どうせ遅くするなら、金曜日はもっともっと遅くしてくれないかなぁ、22時とか23時とか。
2時間半かかるとしたら、20時閉館でも17時半には入らなきゃいけないわけでしょ。
とすると、せっかくほかより遅くしてるのに、その効果が薄くなるというか。

で、ピカソ。
いやーピカソばかり集めるとこうなるのね、という感じでした。
パリの国立ピカソにはもっとあるわけでしょ、どうなってるんだろう、その世界。
とにかくまぁ日本人はピカソが大好きで、ピカソと聞けば大挙して押し寄せるものの、
押し寄せた会場では人目を憚らず「なにこれ」「全然わかんない」ばかり。どうにかならんか。
そりゃ自分も美術はど素人ですから、わかった気になったりするわけではないけど、
時代背景とか、解説文からわかるピカソのバイオグラフィーとかからインスピレーションを受けて、
思うところだってあるでしょう、どうしてそういうとこに目を向けて、黙考できないのか、と。
作品に対する評価は別として、誰だって「わかんない」と言われるために創作はしてないはずだ。
そうして「わかんない」まんま出口を出て、ショップで盲目的に絵葉書を買い求める。
図録には目もくれずに。それじゃぁわかんないままだろうよ、と。
(↑テキストの量は多くないものの、にもかかわらず参考文献がしっかりしていて秀逸だった)

愛と創造の軌跡というコンセプトの展覧会らしく、
ここそこにピカソその人のフェティズムというか嗜好を感じさせられて面白かったです。
クロノロジカルに展示されていて、その展示方法自体は恐ろしく平凡だなと思ったんだけど、
それがゆえに、一人の画家としての嗜好の変遷を顕著に汲み取ることができて、
ビューアー・フレンドリーな展覧会だなぁという印象を受けました。論文一本書けそうなくらい。

クロノロジカルな展示で平凡と言ったけど、クロノロジカルという太い軸に、
女性関係というもう一本の軸をうまく重ね合わせており、そこは良かったです。
ピカソの女性関係という視点こそ一見平凡すぎるくらい平凡ではあるけれど、
結果としてああいう展示を浮き上がらせることができるのは、
愛と創造の軌跡と題して、それにそぐう作品群を集めたからこそ為せる業であり、
国立新美術館の学芸員か、国立ピカソの学芸員か知らないけど、優秀なんだなぁと思いました。

ど素人なので、その作品がピカソらしい作品なのか、らしからぬ作品なのかわからないけど、
タブローでは「ロワイヤンのカフェ」という作品がすごく気に入りました。
グッズは絵葉書しか売ってなかったから、そんなに前面に出していなそうだったけど。
再来年に渡仏するにあたり、ロワイヤンってどんな街なのか調べようー♪と思いました。
というわけで、今からジュンク堂の留学ガイドコーナーに行ってきます。笑
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/262-0a3a0751
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。