上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.31 最後の授業
本来なら、今日の2限が最後。
それはもぐっている大学院の授業なので、
最後に授業がもぐりかーという感じだった。
ところが、3日前に急遽ゼミの補講が決まる。

3学期にわたって同じ教授のゼミを取り続けたので、
この授業は割と自分のホームという感じがする。
そういう授業が学生生活最後の授業でよかった。ホントに。

しかも補講で後が詰まっていないというのをいいことに、
13時10分に始まり、終わったのが17時10分。その間休憩なし。
いや、たしかに通常の時間割でも16時40分までだけどさ、
それでも30分も長いし、休憩時間まったくないとかおかしいし。

まぁそれだけ教授も絶好調だったということもあり、
教授の機嫌は良くて、話も結構面白くてよかった。
そしてなにより補講のため任意参加だったということで、
人数がいつもの半分ぐらいだったのが良かった。
あれぐらいの方がやる気でるというかちゃんと聞くというか、
要するに「ゼミやってます」という実感を伴う。

4時間ぶっ通しはきつかったけど、
ちょっと頑張ってる感のある今日の授業が最後でよかった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/159-1188511e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。