上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然「嫌われるのが怖くなる」瞬間というのがある。
そうなると、どうやって友達に接していいのか、ひどく迷う。
むやみに声かけしない方がいいんじゃないだろうかとか、
かといってそれじゃぁ急に距離を置き始めたみたいじゃないかとか、
いやでも声かけしなくても向こうからしてくれることに期待すべきかとか。

こういう自分は普通じゃないんじゃないかと思う。
でも、それって結局は自分が特別だという人間の甘えた思い込みであって、
言葉に表す方法こそ違えど、みんな似たような感覚を持ってるんだろう。
言葉に表す方法が違うからこそ、似ていることが分からないだけで。

こういうことを誰かに喋りかけてよく言われるのが、
「友達と恋人を混同しているんじゃないか」ということ。
ということは、やっぱり自分は世の平均よりも、
wetな友達付き合いをしがちだということだろうか。
しがちというより、求めているというべきか。わかんないけど。

でも、こういうモノの考え方をしている以上、
「wetな人間関係」と「安心しきれる人間関係」って、
決して両立できない気がするが。それでもwetを求めるのか。謎。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/158-240dd364
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。