上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河東 哲夫
草思社
2005年

ずーっと前から存在は知っていたけど、別に手に取らなかった本。
出版元の草思社があんなことになったので、という理由で購入。
絶版になっちゃったから手に入りませんという状況は、
本にしても楽譜にしても往々にしてあるので、そうならないうちに。

肝心の内容は、かなり親しみやすく書かれている。
親しみやすくを越えて、あえて俗っぽく書いている部分もあったりして、
そういうところに疑問を感じることもあったのだけど、
仕事紹介という点では割と面白く書けているのでは、という印象。

各章も内容が独立していて、わかりやすい。各章の構成はいいのだけれど、
なんでこの順番にしたんだろう、と思わなくはない。
政策的な内容と、そうでない内容が混然としていて、主張がわかりにくい。
もっとも、単に読み物として、電車の中で一章ずつこなしていくには、
かなり適している本だともいえると思う。

いずれにせよ、本を読むのが人一倍遅い自分でもさくっと読めた軽い本。
ご関心の方は(ご関心は持っていただきたいが)手にとってみては。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/145-a3bba6d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。