上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.12 同情欲求
人間が、同情なんかされたくもないと思うとき、
同情ぐらいしてもらいたいという気持ちも併存していると思う。

ただ、社会的により良いものとして受容されやすいのが、
「同情なんかされたくない」、つまりは
「他人様に同情していただくなんてみっともない、申し訳ない」
のほうだから、そっちの方がより認識されやすいだけだと思う。
そりゃ「同情してもらおう」なんて思う気持ちは、
どれだけ浅ましく、かつ自虐的に見えるかという話。

だから、同情と結びつきやすいワードは一切使わずに、
同情しているというメッセージを伝えると、
そのとき相手は満たされるんだと思う。
同情をしてもらえている知って、辛くなることはないだろう。
同情という言葉が悪いだけで、シンパシーに変えたら、ほら。

だからなんだというわけでもないけど、ちょっと考えただけ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/109-51c0aa38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。