上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.04 恭賀新年
 というわけで、明けましておめでとうございます。三が日は何も生産的なことはしないと心に決めて、27回目の正月を迎えているわけですが、フランスという国は年始は割と早くから働き始めるので、なかなかそうも言っていられないなぁと思っていました。実際、休暇を取っている人も相当数いるとはいえ、仕事始は(そもそもこの人たちは割と自由に休みを取るので一斉に仕事を始める日という意味での「仕事始」という概念を持ち合わせているのか謎ではありますが。)2日(月)でした。ボクも旅行先のロシアからは元旦に帰国し、2日(月)から出勤したわけですが、休む人も多いためか、午前中に定例の会議は1つあったものの、あとは穏やかに時間が流れて行っただけでした。本3日(火)もそんな感じだったので、実質的な意味において「三が日は何も生産的なことはしない」という大方針は曲げずに済んだと言えるかもしれません。

 年末は23日から旅行に出てしまっていたため、ブログを更新することがかなわず、皆さんがこぞってやっていらっしゃる「今年の10冊」とか「今年の10枚」とかの流れにはすっかり乗り損ねてしまいました。もっとも、昨年はボクにしては本を読んだ方だと思っていますが、それでも本を読むスピードが元来ものすごく遅いので、冊数にするとたかがしれているわけで、その中から10冊も選んだら、読んだ本のうち相当の割合の本がそこに入ってしまうよという状況なので、ボクがこの企画に便乗することはあまり意味がないことかもしれません。

 自分でも何を書いているのかあまり判然としなくなってきましたが、要するに年始一発目の投稿ということで、それらしいことをちょっと書いてみたかっただけです。年始というよりは年末の話になってしまいましたが。ちなみに、ロシア旅行は最高でした。追い追いfacebookに写真をアップしたり、ここにも見て来たもの/感じて来たことをたくさん書けたらと思っていますが、とにかくこれ以上ないほどのホスピタリティで同僚に歓待してもらい、限られた時間の中でとても贅沢な旅をしてきました。

 年始ということで、新年の抱負というのを書いている人もたくさんいますね。抱負らしい抱負、持たなくてはいけないなぁと毎年思いはするのですが、いつも、大したことを考える間もなく新しい年が幕を開けてしまい、今年も同じ展開でした。ちょうど研修が終わる年でもあるので、今からでも何か考えますかね。何はともあれ、本年も御贔屓によろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。