上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、チューリヒ歌劇場にて「トゥーランドット」を鑑賞した。チューリヒ旅行の詳細は、別途旅行記に譲るとして、今日はたっぷり堪能したこの作品について備忘録がわりに所感を書き残しておこうと思う。

 今回の旅行に際してオペラを見る予定など最初はなかったのだけれど、日中に歌劇場を訪れるとその日の演目が「トゥーランドット」であることがわかり、大規模な合唱団と大がかりな舞台装置の必要性から生で見る機会はなかなかない作品で(機会があったとしても東京では他の有名作品以上に割高になる。荒川静香がこの曲でフリーを滑って金メダルを取ったトリノ五輪以降はその傾向にますます拍車がかかっているのではないか。)、前から一度生で見てみたいと思っていたので当日券を取った次第。オペラを見に行く予定なんてなかったので、よりによってブルージーンズにスニーカーという格好だったのだけれど、パリでオペラに行くとカジュアルな服装の人も結構たくさんいるので別に平気だろうと高をくくって夜の会場に出直した。ところが、さすがドイツ語圏の劇場の中でも近年特に名を上げているチューリヒ歌劇場、中は盛装の人でいっぱい。上着はおろか、ネクタイを付けていない人すらほとんどいないし、女性はみんな着飾っている。ジーンズの人なんて皆無。当日券で、前から2列目とはいえ端の方の席だったので、それだけでも救い。苦し紛れに着ていたトレンチコートを膝にかけてジーンズを隠して鑑賞。苦笑 ちなみに、ドイツ語で字幕を出されてもわからないので弱ったな…と思い、あらすじ等の確認はしっかりしていったものの、字幕は英・独の2か国語で提供された。パリのオペラ座がフランス語字幕しか表示しないとは対照的(今回のボクとは逆に、ドイツ語圏からパリにオペラを見に来る人は困るだろう。)。

 開演して、逃避行中のティムールとリュウが登場すると、まずはその格好にびっくり。思いきりモダンな装いに、リュウにいたってはグッチのアタッシュケースまで持っていて、思わず笑ってしまった。最初は単に小ネタを仕込んだだけかと思っていたのだけれど、第二幕のカラフの謎解きのシーンでは、カラフがラップトップを取り出してトゥーランドットから出される問題に挑むという演出。この演出にも会場では大いに笑いが起こっていたのだけれど、ここで、そうか、トゥーランドットって近代化の物語なのか、ということに気付かされた。条件に見合わない男を次から次へと処刑していくという野蛮な国を訪れるカラフは、心に愛を持つ「まともな」近代世界の人間で、近代的な生き方を前近代の象徴であるトゥーランドットに教える役割を担うのではないかと。前近代のアジアの一部の国で、王族の女性が神性を帯びるとされることがあったいう史実も、皇帝を差し置いてトゥーランドットが男たちの処刑を決定していくことの前近代的な正統性を裏付けているようにも思え、プッチーニはアジアの事情をきちんと勉強した人なのかもしれないとも思わされる(この点、皇帝がお飾りだとか弱腰だとか姫に振り回されっぱなしだとかいうお門違いの指摘もまま見受けられるのが残念な限り。)。極め付けに、カラフがトゥーランドットに与える問いが自分の名前を言い当てろというものであるのも、一人の人間・個人に価値を認めるというモダニスムの象徴になっているように思われる。

 ここまで考えながら見て来ると、最後の場面の演出はもう予想がついたのだけど、第三幕、明け方を迎えて民衆たちが舞台上に戻って来る時、彼らはそれまでの陰鬱な色の布をまとっただけの格好から、ジーンズ、ワンピース、スーツといったモダンな服装にすっかり着替えているという演出で圧巻。予想されていたとはいえ、朝を迎えることにより、この国が近代のあけぼのを迎えたことをこれほどうまく象徴することのできる演出はないのではないかと思わされ、震えるほど感動した。我々が言うところの普段着の人が大量に並んでいるだけなので、ビジュアル的に何か鮮烈な印象を与えられるわけではないのだけれど、この国がこれほど変わったのだという印象は強烈で感動に値するし、なによりも背後にこうした思想が流れていることをこれほど効果的に感じさせられるということ自体が脱帽ものである。この時点でトゥーランドットはまだ中国風の衣装を着ていたのだけれど、彼女が「彼の名は『愛』」と宣言すると、カラフと一夜を共にして(この演出もまさに近代の作品のベッドシーンを思わせる露骨な愛撫)、聖女としてではなく一人の女性として近代を活きる悦びを知ったトゥーランドットの服装も深紅のイブニングドレスに変わるという派手な演出。彼女とカラフはそのまま舞台中央にセットされたテーブルに誘われ、シャンパンで乾杯し、モダンなデートを始め、幕。粋なのが、ここでシェフ、ソムリエ、給仕の役を務めるのが、ピン・ポン・パン役と同じ歌手であるというひとひねり。

 ちなみにこのシーン、バックには現代の上海の夜景の写真が映し出されるのだけど、そこが北京ではなくて上海の風景だということにも大いに意味があるのではないか。もちろん、この公演が上海の楽団との共同制作であることによる部分も大きいとは思うのだけど、上海といえば、その時代に列強の租界が展開した中国の近代化の入口となった街。この明け方のシーンでその街を印象付ける絵を大きく映し出すことに、何ら意図がないということはないだろう。これまで、言ってしまえばサイード的なオリエンタリスムの視野を持つ作品としか認識して来なかったけれど、こうして見ると現代において議論されるアジア又は第三世界の近代化像への類推にも十分耐え得る構造になっている作品なのだということをよく理解できた。通しで一度見せるだけでこうした知的な構造を観客に理解させる演出になんといっても拍手。
スポンサーサイト
2011.11.24 英国旅行記
久しぶりのブログ更新、今回はとっても長いです。笑

しばらく前にはなりますが、3連休を利用して英国を訪れたので、その時の様子でも。もうfacebookにも写真はアップしたので、とても楽しく過ごしたらしいということは既に御存知の方も多いとは思いますが。ちょうど第1次世界大戦の戦勝記念日に当たっていたので、ロンドンの街中にポピーの花々が溢れているのがとても印象的でした。フランスと違って祝日にはなっていないのに、かくも盛大に象徴的な飾りが行われるのかと。「長い19世紀」とはよく言ったもので、帝国主義の時代を終焉させ、米国に大西洋を超えて欧州大陸にも影響力を行使させるようになったという点で、欧州諸国にとってより大きなパラダイムシフトとなったのは、第1次世界大戦なのかもしれません。戦争といえば太平洋戦争である我々にとっては、俄かには想像し難い感覚ではあるけれど。

さて、早起きしてアンジェを出て、新幹線でパリの空港へ。2時間半かかるのだけど、アンジェの空港も隣のナントの空港も使い勝手が悪いのです、行き先によるのだろうけど。じゃぁパリからユーロスターで行けばいいではないかというのはもっともな指摘ですが、時期や時間帯によって値段が変わるにがこちらの鉄道。3連休のユーロスターは片道3万円以上というとんでもないことになっていたので泣く泣く諦めました。しかも、それに伴って格安航空券も値上がりしていて、まったくどいつもこいつもという感じ。とはいえ、無事にロンドンはルートン空港に到着。時間がかかるかもと脅かされていた入国審査も、パリからの便で非EU市民の列がガラガラだったこともあり難なく終わり、荷物もあっという間に出て来て万事順調。ロンドン市街に向かう電車の切符も機内で買っておくという持ち前の用意周到さを発揮し、長い列を横目に電車にもさくっと乗車。が、しかし。目的地まであと5分というところで電車がガタンと停車し、原因もわからないまま1時間缶詰に。1時間経って判明したことには、信号ケーブルを何者か盗まれたようで信号を一切受信できないと。俄かには信じられなくて、自分の英語力を疑うあまり聞き間違いに違いないと思っていたのだけど、後で聞いたところ、最近ケーブルの銅線を狙った窃盗が増えているそうなので、たぶん正しく聴き取ったと思われる。仕方なく電車は2つ前の駅まで戻り、そこから持っているチケットを提示してバスに乗ってくれとのこと。ところが、1時間半も経っているから振替輸送のバスが用意されているのかと思いきや、要は適当な路線バスに乗って地下鉄の駅まで適当に行けということらしい。しかも最初は駅のスタッフもどのバスに乗れば良いのか全然わかっていないし、それがわかってからもバスは全然来ないし、フランスよりも寒い屋外でずっと待ちぼうけ。いい加減しびれを切らし、同じ目に遭っていたフランス人のお姉さん2人組とタクシーをシェアすることに。結構高かったけど、地下鉄の始発駅に到着し、地下鉄に乗ってフォートナムメイソン本店へ。

そこでアフタヌーンティーをしたい!といって予約してもらっていたものの、2時間近く足止めされてしまったので間に合わないかなぁと思っていたわけですが、ボクの分はまだ頼んでいないから今からでおいで、と。涙がちょちょぎれそうになりながらピカデリー通りを早足で歩いて、気の置けない同期との再会を喜び、絶品のアフタヌーンティーにありついたのでした。紅茶はもちろんのこと(クイーン・アンズ・ブレンドをオーダー)、スコーンがふわふわで美味しかったです。特にレーズンが入っているやつ。そしてやはりあそこは場所がいいんでしょうね。一等地にありながら、ソファーとソファーの感覚をたっぷり取って、本当にゆったりくつろげるように作られていて快適でした。店員さんも必要な時にはすぐ来てくれるのに、そこらへんをフラついていて目障りになるなんていうことも全然なかったし。早くもこの旅に満足したのでした。

日が落ちるの早いからびっくりするよと予告されていたとおり、17時前にもかかわらず夜のように真っ暗になったことに驚きつつ、外を散策。今回の旅は、アフタヌーンティーやらミュージカルやらインド料理やらをあれこれリクエストしてアレンジしてもらったので、この夜の散策が貴重ないかにもロンドンっぽい名跡をめぐる時間。いずれも外からではありましたが、バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院、トラファルガー広場等を散策。ロンドン市民に大人気というシャーロックホームズのパブというのも見せてもらいました。夜景を撮ると、新調したばかりのNIKON D3100が大活躍。

あっと言う間に19時になり、その夜はミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』を鑑賞。全然知らなかったのだけど、ロンドンってほとんどありとあらゆると言っていいほどの数の演目を常時見られるようになっているのですね。おかげでどれを見るかものすごく迷い、結果として2泊3日の予定にもかかわらず2本も見ることとなり、大満足でした。この演目も、前から見てみたかった作品だったので、まさに念願がかなった感じ。付き合ってもらった同僚も、この曲は知っている!と言っていたり、ストーリーそのものも楽しんでくれていたみたいで良かったです。2階席のど真ん中を取ってもらっていたのだけど、回転式の舞台を使って奥行きのある演出がなされていたので、まさにベストな席取りでした。歌もさることながら、バレエの基礎がよく見えるダンスがここそこに織り交ぜられていて魅了されたので、その席からダンスをしっかり堪能できたのも最高でした。この作品を見たことのある人はわかると思いますが、冒頭のシーンと最後のシーンが裏返しの関係で同じ曲を踊るんですね。トレードマークの三日月が、裏返しの関係をわかりやすく示すインジケーターの役を担っていて、だからクレイジー・フォー・ユーといえば三日月なのかと初めて理解したのでした。すごく良かった! 記念にパンフレットとCDを購入。

夜はケンブリッジに住む同僚の借りている家にお世話になることになっていたので、終演後、電車で移動。2泊3日の強行軍でいかに英国を満喫するかということをすごくよく考えていてくれていて、その一環で駅近くでフィッシュ&チップス購入。プンプン匂わせながら電車の中でお夜食として頂いたのでした。おかげさまで英国に来た!という感じをすごく味わうことができたので(単純?)、すごく良かったです。3~4か月ぶりに会った仲良しに同僚2人と一緒に乗る電車ということで、話はまったく尽きず、移動時間すら満喫することのできる旅となったのでした。

深夜におうちに招き入れてもらってからも、結局話は尽きることなく、喋り続けたまま朝を迎えたのでした。全幅の信頼を置く相手とだからこそこうなるのであって、やはり自分には時々こういう時間が必要だな、と痛感した次第。仕事が忙しくなったり、家庭を持ったりして、みんな「大人」になっていくと、必然的にこういう時間は減ってしまうのだろうけど、そんなことで楽しく生きていけるんだろうか。ちょっとだけ仮眠を取って、翌日も朝からお出かけ。2泊3日の強行軍でも時間を最大限活かして英国を満喫するというコンセプトは引き続き維持され、イングリッシュ・パブで英国式の朝食。最近、朝食はすっかりフランス式になってしまっているので、朝に卵やら肉類やらを食べるのなんて実に久しぶり。ボリュームたっぷりで美味しかったです。そしてそのままケンブリッジの学寮探訪。なんでも32もの学寮がひしめいているとかで、その中から同僚がピックアップしてくれた見応えのある建物やお庭を見て回っているうちに、あっという間にお昼になってしまいました。世界に冠たる名門・ケンブリッジ大学の中をこうやって丁寧に案内してもらって見て回る機会というのはなかなかないと思うので、とても恵まれた半日観光となりました。

お昼頃、電車でロンドンへ。例によって車中ではおしゃべりに花が咲く。なんだかこの時の移動では自分の話ばかりしてしまったような記憶も。それを許してもらえる関係性というのも有難いですね。喋っている間にあっという間にロンドンに到着。少しでもロンドンらしいことをということで、ハロッズを物色。しかも、お決まりのハロッズ・グッズのコーナーに特化して。パイロットの格好をしているテディ・ベアにものすごく心を奪われたのだけど、5分間ぐらいその子と1対1で対話しながら自分を落ち着かせ、購入はせず。ちょっと大人になれたかしらん。そうこうしているうちに時間になり、地下鉄がなぜか止まっていたので(今回の旅でロンドンの交通機関の脆弱性を痛感。来年のオリンピック大丈夫か?とひとしきり話題に。)、タクシーでコヴェント・ガーデン近くの劇場へ移動。うん、やはり大人だ。この日の午後は『シカゴ』。いやぁ、名曲All that jazzから始まるあたり、もうたまりませんね。初っ端から「ミュージカルを見ている」ことを強く実感させられる感じ。こちらは徹底的に歌で勝負してくるミュージカルなわけですが、ほどよい大きさの箱で聴き応え抜群。箱といえば、ロンドンのミュージカルはどの演目もそうらしいですが、とてもクラシカルなデザインの会場で上演されるというところも、お上りさんの欲求を完璧に満たしてくれて素晴らしいですね。パリのオペラ座も、新しいバスティーユの劇場は、よく見えるし、音響も素晴らしいのだけど、中に入ってしまうと東京で見ているのかパリで見ているのかよくわからんというのは頂けないなと日頃から思っているので。終演後、会場を出たところにはビリー役の俳優さんが出て来ていて、一緒に写真を撮ったりパンフレットにサインをしたりのファン・サービス。記念にばっちりサインを頂いてまいりました。ここでもCD購入。

その後、夕方(前日と同じように既に暗い。今から2次会?っていう時間かと勘違いしそうになるほど。)はお買い物タイム。前日に訪れたフォートナム・メイソンの雑貨コーナーがとてもかわいい感じだったので再訪。自分用に、同社特製のラムバターを購入。これ、絶対美味しいに決まっている。更に時間があったので、サッカーの英国対スペインの親善試合がちょうどやっているところでもあり、スポーツパブで景気付けに1杯。時間がなくて試合が全部終わるまでは見られなかったけど。店を変えて、こちらも予めリクエストしていた本格インド料理。フランスでインド料理を食べても、とてもマイルドな味付けのものばかりで、「これはすごく辛いけど本当に大丈夫?」と聞かれたものも、出て来てみるとカレーの王子様より甘いんじゃないかと思われる代物であるということもしばしば。フランスもインドへの進出を試みた時期はあるとはいえ、やはり本格インド料理を食べられるのは、インドを除けば英国なのではないかということで、胸は期待に高鳴っていたのでした。インドには行ったことがないので、「インドと同じ!」なのかどうかはわからないけど、ちゃんとしっかり辛いのもあって、とにかく美味しかったです。満足。こういうお店も、自分で見つけようにもなかなか見つけられないと思うので、やはり街を知っている人がいてくれるというのは良いことづくめですな。

駅にほど近いパブでもう1杯引っかけてから、電車でケンブリッジへ戻る。この旅3度目の電車でのおしゃべり。なんでもない時間だけど、こういう時間の存在が有難かったなぁと感じる時はきっと来るのだろうなということが予想できる程度には大人になってきました。そうやって懐かしく思い出さなければならないということは、きっとその頃にはこういう時間を取りにくくなっているということなのだろうと思われ、そんなの嫌だなぁと思いつつ。とはいえ、社会人になったはずが一時的に学生の身分に戻っている今だからこそ可能な時間なのであるかもしれず、だとすれば現時点でこういう時間を享受できているだけで非常に贅沢なのかもしれませんが。おうちに戻ってからもおしゃべり、と思いきや、他の2人が喋っている間に図らずもボクは寝てしまいました。苦笑 一晩喋り明かすということが体力的に簡単にはできなくなってきたというのも、ある意味では大人への階段を上りつつあるということになるのでしょうか。嫌だなぁ。何はともあれ、翌日の午前中、予定どおりの時刻に空港行きのバス停まで送ってもらい、3連休を利用した英国旅行は無事お開きとなりました。楽しかったなぁー。
 映画館で1度見たことがある映画で、衣裳を除けば大して評価していた映画ではなかったのだけど、テレビでやるというので見てみました。意外と忘れていたことが多かったみたいで、場面が変わるたびに「そうだそうだ、こんな場面もあったねぇ」と思い出させられながら見ました。場合によっては、話の筋そのものを忘れていたり。後半はずっと、そもそもこの映画ではアン・ブーリンってなんで処刑されたことになっているんだっけと考えながら見ていました。結局、その場面になるまで思い出せずじまいだったけど。

 たしかに姉妹の対比をぱりっと見せてみたり、女性が王に仕えるというのがどういうことかをわかりやすく示したり、悪くないところもたくさんあるのだけど、最終的にはどうもワイドショー的というか、栄枯盛衰を鮮やかに切り替えようとし過ぎというか、作品に厚みが欠けている感じがしてしまうというのは1回目の時の印象とそんなに変わらず。2回見たから1回目よりも内容をよく噛み砕くことができた、というような類の映画ではないということもよくわかりました。

 結局、ナタリー・ポートマンを見る映画ですかね。やっぱりキレイ、あの人。悪いけど、スカーレット・ヨハンソンがちょっとかわいそう。まぁ、アミダラ女王の役をやらせてもキレイなんだから、そりゃそうですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。