上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アンジェにて、日本語にあえて訳すとすれば「国籍付与式」なるものに出席する機会を得ました(もちろん、といってはなんですがボク自身にフランス国籍が付与されたわけではなく、単に陪席しただけですが。)。昔は役所の窓口で事務的に行われていたそうですが、ここ15年ぐらい、フランス全土の県庁でこういう式典が定期的に開かれているそうです。

 冒頭、「フランス国籍を取るということ」というテーマで作られた6~7分程度のDVDの放映。自由・平等・博愛に政教分離を加えた4原則の内容を説明し、それに基づいてフランス国籍とともにフランス国民としての権利が与えられることになりますという内容でした。さらに、権利に伴い、一定の義務も課されるということも説明されていたし、権利の中でも選挙権・被選挙権についてはより具体的に説明されているという印象を受けました。最後の部分では、フランス国民になった以上、フランスにとどまらず欧州連合の枠組における権利を享受し、義務を負うことになるのだということまで説明されており、シンプルな構造ながらよく作られたビデオだなという感じでした。

 それから知事のスピーチ。10分弱いだったかな。フランスという国家の代理人として(事実、フランスの県知事は官選で役人の局長級が命ぜられ、国家の代理人として地方行政に携わります。)皆さんがフランス国籍を取得されたことを謹んでお祝い申し上げますという一言から始まり、この式典の日という国籍を付与される人たちにとって特別な日となる日を歴史的大局観の中に位置付けるという内容でした。ナントの勅令(信教の自由)、フランス革命(基本的人権の尊重)、二月革命(奴隷制の廃止)…という歴史を踏まえ、そういう国の国民となるあなたたちにはまさにフランス国民としてそれらを享受する権利が与えられるのです、おめでとう、という内容。なかなかいいスピーチでした。日本ではまず見ないけど、こういうスピーチをする/書けるようにはぜひなりたいものですね。

 その後、ラ・マルセイエーズが流され、全員起立。都立高校の卒業式における君が代斉唱をめぐる裁判のことを思い出しながら聞いていました。それが終わると、卒業証書のように一人一人に書類の授与が行われました。知事の他に、県内の大きな街の市長さんたちや、県内選出の国会議員さんたちも出席していたので、それぞれが住まう地域の市長さんなり議員さんなりから手渡されるという感じの良い授与式でした。それから別室でお茶とお菓子の簡単な立食パーティー。

 要するに、やることは「書類を渡す」ということであり、15年前まで行われていたというように窓口でほいって無造作に渡せば済むことなのだけど、これをこうまでシンボリックに行うということには何らかのメッセージを感じました。もちろん、帰化した外国人が全員そろってフランス社会にしっかり統合されるわけではないというのが現実だし、実際、経済的・社会的に難しい問題を抱えている人たちもいるのだとは思うけれど、そうであるからこそ、その中でも国が受け入れると決めた人たちに対してこれだけのことをやってフランスってこういう国なのよということを示すことには意味があるのではないかと素直に思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。