上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.08 細雪
読み終わりました。ボクにしては、結構ものすごい勢いで一気にバーッと読んじゃったという感じ(それでも何日もかかっているのだけど、一冊の本に夢中になって一晩で全部読み切ってしまうなんていうことはない人なので、「ボクにしては」という条件の下ではこれでも嘘ではないのです。)。いろいろ書きたいことはあるのだけど、やはりどうも完全な形では今すぐには書けない気がするので(十分に時間が取れないという意味でも、すぐにはあれこれ整理することが難しいという意味でも)、とりあえず読みましたということだけ。

 何はともあれ、話の筋自体には全然関係のないことであっても、ある意味過剰に言葉を紡ぐことによって、小説が紡ぎ出す世界に現実味を与え、その世界を読者にとって身近なものであるように感じさせるという効果がいかんなく発揮されていたし、なによりどうでもいいことを書くためにそういう無駄な言葉を紡いでディテイルを詰めて行くという作業はボク自身大好きなので、時に感嘆しつつ時に身につまされつつ、とても楽しく読めました。

 あとは、単に1対1の人間同士の話としてではなく、その人間たちが「家」といういわゆる日本的な、あるいは貴族的な概念にとらわれながらもがいて生きて行くという設定にボクはどうも弱いようで、そういう設定自体がなかなかツボでした。家柄がどうしたとか、世間体がどうだとか、やれ贈物はどうする冠婚葬祭はどうする、この前はこんなものをもらったから今回はこうしなくてはいけない、冠婚葬祭の催しの規模は時勢と家の権勢との間を取ってこのぐらい…などなど、見る人が見ればそれこそどうでもいいものなのだろうけれど、これぞまさに本来は大きいはずの人間社会がこぢんまりまとまったまさに縮図という感じで、そこに現れる現象だとか、その現象が現出するまでに錯綜する人々の思惑だとか、そういうことに考えをめぐらすと楽しいじゃぁないですじゃぁないですか。

 そのうちもっといろいろきちんと書きたいけど、とりあえず。続いて、陰翳礼讃も読み始めました。これも、どうでもいいことてんこもりで、なかなか良さそうな予感。このブログも、どうでもいいことを描くことにたくさん時間を使うという贅沢な時間の使い方を体現するようなものにしたいところだけど、なかなか難しいですわね。
スポンサーサイト
 という称号を獲得しました。いや、そんな大げさなものではなくて、同級生(しかも男)に言われただけだけど。しかも、その同級生は、もう一人だけいる日本人のお姉さんのことを気に入っている様子で(ただし、まったく対等な関係ではなく、どっちかというとお姉さんにいろいろたしなめられている感じの関係)、これは単に外堀を埋めてお姉さんに近付くという趣旨でボクの取り込みにかかったのか?という気もしなくもない。だけど、せっかく褒めてもらったのに、そんなことを思ってはつまらないし、第一ボクの健全な人間性が疑われることになるので、そうは思わないことにする。

 とはいえ、おしゃれな格好しているねーと言ってくれる人がときどき他にも何人かいるのは事実。別に大した格好をしているわけではなくて、日本で何もない時にてれーっと着ていたような、学生時代(下手したら中高時代)から持っているボロをこれまたてれーっと着ているだけだったりするのだけど、これぞ日本クオリティということでしょうか。笑

 一度は、ドイツにある学校との正式な交流イベントというのがあり、はてスーツにネクタイで行ったものか、それともカジュアルな格好で行ったものか、とだいぶ逡巡したので、ワイシャツの上に紺のスーツの上着をブレザー代わりに羽織り、下はベージュの綿パン、万一の時のためにネクタイをカバンに忍ばせておくという中途半端なスタイルで出かけたのですが、意外と一番評判が良かったのはこれで、なんだかんだトラッドというかクラシックな感じの格好が受けるのかしらん、それとも単にアジア人がそういう格好をすることの意外性がポイントを上げてくれているだけかしらん、なんて考えました。「日に日にどんどんおしゃれになっている」との評を得たのもこの日。日本だったら絶対そんなこと言われないようなてれーっとした格好をしているだけなのに、という気持ちもあるので複雑ではあるものの、褒められている以上、気分は悪くない。笑 むしろ、そんなに褒めてもらえるなら明日は何を着て行こう、とか思いますよねー。
 ひとりでにグルメブログ化するというのが、本「ぶんログ」の隠れた特徴だったのですが、いつもいつも同じ手でお茶を濁しているのもなんだか芸がないような気がして、今日は夕食の写真を撮るところまでやったものの、ここのところネット環境が悪くて写真を上げたり落としたりするのにもそれなりに時間がかかるということもあり、お料理ブログ化には歯止めをかけました。ちなみに、今日作ったのは、先日同僚からレシピを教えてもらったとっても美味しいカニのトマトクリームフェットチーネ。同僚がパプリカを使っていた代わりにキノコを大量に投入してみるとか、うっかり手がすべって生クリームがたくさん入ってしまってよりクリーミーな味わいになったとか、いろいろなアレンジ(笑)が加わり、それはそれでまた違った美味しさになりました。やはり、こういう美味しいレシピできちんと料理ができるというのはポイントが高いですね。普段から美味しいものが食べられるという点でポイントが高いことはもちろん(この点、食に執着しないタイプの人にはあまり理解されないのではないかという話題でその時は同僚と盛り上がりました。)、お客さんの時にも恥ずかしい思いをしなくて済むという点でもポイントが高いですね。あれ、写真はないにしても、知らない間にお料理ブログになっている。笑

 料理だけではなく、最近は外食でもあれこれ美味しいものを食べました、飲みました。列挙しきれないぐらいストラスブール市内あちこちで美味しいものを食べたのだけど、せっかくフランスにいるので、ともすれば浪費になってしまうかもしれないけれど、やはりあれこれ試さなければね。間違いなく、エンゲル係数はどんどん高くなっていますが。星付きレストランはストラスブールに5軒「しか」ないと思っていたのだけど、地方都市で5軒というのはむしろそれなりに多い方だということも判明しました。せっかくそんな美食家にもってこいの環境にいる以上、近々試していきたいと思っております(既に仲の良い同級生数人に打診済み。)。
 やはり、一度書くのを止めると、なかなかペースが戻らないものですね。そもそも書くという習慣自体をすっかり忘れてしまっているとか(そういうのを「習慣」と呼ぶのかという議論もありますが。)、書くとしても「さぁ、何を書こう」というところでなかなか適当に材料が見つからないとか。不思議なもので、毎日書いている時期は、たとえ2、3日前から再開したに過ぎないとしても、当然のように何かを書こうとするし、今日はこれでいいやと書く内容もぱぱっと決まるのに、一度止まるとそういうわけに行かない。

 今日は、やらなければいけないことがあって一日中ずっと家にいたので、ますます書くことが見当たらず、仕方ないので書くことが見当たらないということについて書いているという次第です。本なんかはそれなりに読んでいて(といっても、日本にいた直近の数年間よりも多いというだけで、一般的な感覚からいうと読書時間は決して長くない。)、最近ずっと読んでいる谷崎潤一郎の『細雪』をぼちぼち読み終えるので、そうしたらそのうちこのことを書こうかなぁと思わなくもありません。ただし、本や映画に対するコメントって、書いても書いても不完全なものしかできなくてある種のストレスがたまるので、うまく書けるかはわかりませんが。でも、『細雪』については、フィクションの世界で自分がどんなものが好きなのかというのを整理するのにも役に立ったので、不完全でも何かしら書くことは書こうかな。キーワードは「家」「どうでもいいこと」「ニッチ」。
2011.07.02 継続宣言
 また更新が止まりやがったな、と読んでくださっている方は思っていることでしょう。ここで更新しない期間を長くすれば長くするほど、心理的にも更新へのハードルがどんどん高くなるので、いえいえ決してそんなことありませんということを言うだけのために書き込んでおこうと思います。まだ書くよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。