上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.17 乗馬の苦しみ
 全員必修の体育の授業は種目選択制で、ボクは乗馬を選択しているのですが、今日はその2回目のレッスンでした。前回は乗るところから始めて、進み方と止め方、方向転換のしかたを習ってから徐々に歩いてみて、後半に少し走らせてみるという内容のレッスンだったので、それでもそれなりに疲れたとはいえきちんとこなせたのですが、今回はそうもいかず。というのも、もう走らせることはできるよねということで、1時間ずっと走りっぱなしだったので。馬にしてみれば、走っているのは自分であって、上に乗っかっている立場でごちゃごちゃ言うんじゃないという感じなのだとは思うけれど、馬が動くのと一緒に必然的に自分の身体も上下に揺れて全身運動を強いられるわけで、あれは結構な体力を消耗します。乗馬マシンがダイエットに効くというのにも激しく頷ける。

 さらに、走っている間、右手で手綱を持ち、左手では鞍の端を掴んで自分が落ちないようにするのだけど(速度が上がってくると、たしかに鞍を掴んでいないと落ちるかもしれないと思う。)、馬の身体と一緒に鞍もたくさん動くので、左手がそれに引き摺られ、左手にはマメができるのですね。マメができるなんて持ち方が良くないのかと思って、終わってからコーチに聞いてみると、手袋をしないとマメができる方が最初は普通だとのこと。慣れて来ると手の皮が分厚くなってきて平気になるよとのことだったのだけど、手の皮を積極的に厚くしたいとも思わないので、とりあえず次回は手袋持参かなぁ。冬用の手袋はもちろん持っているのだけど、スポーツ用品店で乗馬用の手袋を買った方がいいのかな。マメができると痛いので、手袋は必須なのだけど、借り物の帽子をかぶるのはちょっと気持ち悪いから乗馬用の帽子(というかヘルメット)も買った方が良いような気がするし、靴だって毎回使っていたらすぐに汚れちゃうだろうから乗馬用の靴があったらいいなと思うし、前回はGパンでやったのだけど今回はジャージを持って行ったら、スピードが上がるに連れてジャージの裾がどんどん上がってきて短パン状態になっちゃったから乗馬用のパンタロンが欲しいような気もするし、はたしてどこまで投資することになるでしょうか。こっちでやるのは週1回。あとは、日本でこれを続けるかどうか次第かな。機会さえあれば、とても良い運動になるし、ぜひ続けたいところだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。