上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 しばらく続けて更新しては止まり、またなんとなく始まっては止まり、を繰り返している本ブログですが、今回は、同僚が始めたばかりのブログのURLを教えてくれたので、それに刺激された形で再開します。今度はどれぐらい続くことやら。

 今日は6時間に及ぶ試験の予行演習が学校でありました。予行演習を2回経た後に本試験を受けるということになっているので、併せて18時間にわたってじっと座り常に物を読むか書くかしているわけです。こう考えると結構信じ難い。試験の内容は、50ページぐらいの参考資料を渡され、その中から必要な情報を拾い集め、加工し、課題に対する回答を捻り出すというもの。外国語なので、当然資料を読むというのだけでも一苦労なわけです。そこはすっぱりけじめ(?)を付けて、最初に読む資料と読まない資料の区分けをするという作戦でいきました。読みながら適宜情報を拾い集め、本来ならそれを加工すべきところ、時間と語学力の都合上、ほとんど切り貼りというか焼き直し。資料から書き写した部分もかなり多かったので、それなりに書けた気にはなりましたが、そもそも資料を全部は読んでいないので適切な内容を選び取ることができたのか不明だし、仮に選び取れたとしても、ほとんど資料に焼き直しなので最も適切な形では表現できていないはずだし、要するに「書けた気になった」というのはまさに「気になった」だけであり、錯覚なのだろうなぁ、と。

 予行演習だったからかもしれませんが、10室ぐらい用意されている部屋のどこで受けても良い、出入り自由、試験監督なし、というなんでもありな感じの試験でした。みんなちゃんと守るべきルールは守っていたけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。