上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
という天気予報になりがちな最近ですが、にもかかわらずなぜブログを引き続き存続させているかというと、やはりそれなりにまとまった量の文章を書くということが必要なのではないかと思うからです。必要などというと大げさに聞こえるかもしれませんが、実際のところに本当に「必要」だと感じるので、あえて必要なのだと言わせていただきたいと思います。「ブログときどきtwitter」ではなく「twitterときどきブログ」となることからもわかるとおり、1つの記事又は1つのツイートを書く行為を1単位と考えた時、単位数の密度は圧倒的にtwitterの方が高いといえるのは確かです。しかし、twitterにはその定義上140字という字数制限が存在するわけで、その字数制限によって物事を思うがままには書けないという事実上の制約が課されることになります。外国語でツイートするのと比較した場合(ボクが比較することができるのは英語とフランス語という2つの、しかもいずれもインド・ヨーロッパ語族の言語に過ぎませんが。)、日本語は140字という限られた字数でより多くのことを表現することに恵まれた言語であるとは思いますが、それにしても字数制限はツイート欄に厳然と存在するわけで、それにアジャストするためにボクたちは自然と語調や文体を変えているのだと思います。単純な話、普段ならひらがな又はカタカナで書くものを漢字で書いてみたり、普段なら述語を明記するところで体言止めを使用してみたり、接続詞を使用せずに句点でもって重文又は複文を2つの単文にしてみたり。つまり、twitterに現れる文章というのは、書き手がtwitterではないフォーマットで記述する文章(その代表例としてブログを一例に取り上げています。)とは、一定程度隔たったところに位置していると考えざるを得ないわけです。と考えると、より「本来の」、という言い方をあえて使おうと思いますが、文章の姿に近い文章を表出させる場として、ブログにも一定の価値はあるかなと思うわけです。

他方、ブログには「制限がない」からして、かえって気後れする部分が生じるというのもまた事実です。というのも、たとえば本の読後感、映画や舞台の感想、音楽や展覧会の批評など、自分の感性でもって感じたことを言葉に落とし込むという作業をする際、そこには必ず一定以上の妥協が伴うわけですが、ブログには、少なくとも字数については制限がないわけですから、そこにその種の妥協が存在するということを感じさせない何かがあると思うのです。すると、自分は感じたものを完璧に言葉に落とし込めている気がしない以上、そこで書かれたものには一定以上の妥協が伴われているにもかかわらず、それをあたかも完全なもの(であると自分が認識しているもの)として他人の視線にさらさなければいけないということになるわけで、それは拷問にすら近いものであると感じざるを得ません。こんなことを考えると、何かいいものを見たり聴いたり読んだりした後であればあるほど、ブログを書くことのハードルがどんどん上がってしまうわけです。twitterとは違って、本来の文章らしい文章を書くための場としてブログが存在しているにもかかわらず(その点、twitterを使うと、どこで何を見た、良かったという誰にでも書ける文章にすべてを収束させることができるので、それのどこが面白いのかという議論は別途あるにせよ、1単位分のものを書くということはよほど簡単なことだとは思います。)。そのハードルがどの程度高いかについては、書き手の自尊心や自意識にも左右されましょうが、そういうものを一切持っていないという人もいないでしょうから、多かれ少なかれ誰の目の前にも現れ得るハードルだと説明してしまっても乱暴とはいえないでしょう。

なーんて、こんなことをつらつら書き連ねていますが、本や映画、音楽や展覧会、はたまた食事の感想等を文章にすることももちろん好きは好きとはいえ、自分は、要はこうやってフォーマットそのものについて論じるのもとても好きな人間なのだなということを改めて感じます。仕事についても似たようなことを最近は考えていて、面白さを感じているのは、仕事の中身そのものというよりも、仕事のやり方、文章の書き方、プロセスの進め方等なのであり、中身については単なる知的好奇心を超えるものではないのかもしれないと思うわけです。もっとも、知的好奇心と簡単な一言で表してしまいましたが、その対象となるものもそう多くはないでしょうから、仕事を選ぶという観点からはそれだけでも十分だったといえるかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。