上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.01 死者の日
 というカトリックの祝祭日です、11月1日は。思えば、中高時代はそれでこの日は毎年お休みだったなぁ、と。割とプロテスタントや国教会の信徒が多い英米やドイツでもそうなのかどうかは知りませんが、フランスではこの日は祝日になっています。11月は4週間のコースで語学学校に通うのだけど、このセッションは11月1日開講と書いてある。クラス分けの面接をやるので、初日は少し早いけど8時15分に来てねと言われていたので、へぇー祝日になのにやるんだーと思いながら登校。

 案の定、閉まっている。

 たしかに、11月1日から11月26日までのセッションと書いてあって、たとえば日本だったら3日が祝日だから3日は休講ということはあるけど、1日が休講なのだったら、普通、開講日は2日って書くよねぇ。まぁ、理屈としてはそれがたまたまセッションの初日に当たったというだけで、文化の日の例と変わりはないのだけどさ。それにしても、せめて祝祭日は休講とか端っこに書いておけば良いものを。学校が家から近かったのが幸い(徒歩7分)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。