上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 神楽坂のフレンチ。2年前には、東京で最も予約の取りにくいフレンチ・レストランとして名を馳せたとか。前菜にメイン2品、デザートのプリフィクスを頂いてまいりました。

 前菜に選んだのは、長野産アスパラガスのオランデ・ソース。どんなものが出てくるかと思ったら、開いた口がふさがらないぐらいびっくりしちゃう大きさのアスパラガス3本に、バターたっぷりのオランデ・ソースがかかってくるというシンプルな一品。あんなに太いアスパラガスを、どうやったら芽から根元まであんなに柔らかく茹でられるのか、という感じで、最初からいきなり感激。

 魚料理は、伊東産サワラのポワレ。さっぱりした味わいに仕上がっているのだけど、こんなに出して採算大丈夫?というぐらい、とても良心的なボリューム。付け合わせで生野菜もたくさん取れるようになっているので、更に爽やかさを増し、感心させられました。魚料理は、その日に築地から仕入れることができた具材によってメニューが変わるようで、それもまた乙、というか料理の出来については説得力抜群。美味しかった。

 肉料理には、仔羊のローストをチョイス。付け合せは、ジャガイモとブルーチーズのグラタン。この付け合せが、量も味付けもかなりしっかりした感じで後を引く。塩味でかりっと焼きあがった仔羊は、その大きさの割にあっさりしていてさくさく食べられちゃうのだが、それがゆえに余計に付け合せが恋しくなるという組み合わせは、かなり罪作り。ブルーチーズがふんだんに使われているのも嬉しい。

 食後のチーズには、エポワス。高価なチーズなので少しではあったけど、それでも東京の他のレストランに比べたら贅沢に、スプーンに大盛1杯出してくれました。あれで300円だというのだから、嬉しい限り。付け合せのくるみとレーズンのパンも美味。触るとくずれてしまうぐらい、つなぎの役割を果たすパンの種が少なくて、その分くるみが山のように入っていました。

 デザートは、ショコラのテリーヌ。これ以上ないほど濃厚。ああいうデザート、日本ではなかなかお目にかかれない。ともすれば、「しつこすぎる」という人がこの国にはいそうなので、お店としては危険な賭けだとは思うのだけど、ブルーチーズのグラタンといいこれといい、このメニューはこうあるべきというシェフの確固たる信念を感じる。今回、ワインは数少ないグラスワインを赤・白ともに楽しんだものの、次回はワインリストをじっくりにらめっこしてみようかな。きっとシェフの強い信念に基づいて選ばれたワインたちによって、素晴らしいリストが作り上げられているに違いない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。