上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.04 夏の予定
 8月の間は、南仏のとある街にすごく定評のある語学学校があるので、1か月、そこに身を置くことに決めました。「南仏」に惹かれたのではなく、あくまでも語学学校として確立された独自のメソッドに魅力を感じてのことであるということを念のため断っておきますが(そこに通った先輩方がみな口を揃えて勧める、他の語学学校に比べて格段に授業料が高い、朝食さえクラスメイトで講師を囲んで行われる、20歳以下のお子ちゃまは入学お断り、など背景事情を説明すれば、多少は説得力が増すでしょうか。)、その地が風光明媚な地であることもまた事実であり、そこにも胸躍るわけです。

 そんなある日、書店をふらついていると、新発売の雑誌コーナーで目に入ったのがこれ。

フィガロ ヴォヤージュ 【永久保存版!】プロヴァンスとコートダジュールへ。 (HC-ムック)





 値段も確かめずに、即買いしてしまいました。決して厚い雑誌ではないものの、御値段980円也。それなりに需要があるということなんでしょうかね。で、中を開けると、大興奮です。この地域の小さい村々が豊富な写真とともに詳細に紹介されており、「ここに泊まりたい」「ここで食べたい」と思わせられるスポットの連続。いやー、日本の民宿もさることながら、シャンブル・ドット、いいですね。ターブル・ドットが付いている宿であれば、なお良いですね。語学学校に通っている間、少なくとも3度は週末があるはずなので、どこに行こう、何をしよう、とちょっと胸をときめかせたのでした。9月以降の居場所が確定していないので、そんなことにうつつを抜かしていないで、しっかり勉強しなければいけないのだけど。でも、これを見てしまった日にゃ、ちょっと思考が停止しても仕方ない。笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。