上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思ったことを書けば良いのだから、そんなことは起こらない、というのがブログの達人である友人の言葉だったが、やっぱりそんなことないのではないかと思う。一言で言ってしまえば、この場に書くに値することを考えなかった日というのもある。この場に書くに値するか否かすら考えずに、とにかくあったことを書けば良いのであると言われればそれまでかもしれないけど、「あったこと」と一言に言っても、いつぞやのイチゴのショートケーキの話のように、与太話から頭の体操に発展し、それなりにいろいろ考えるに至ることを話す日もあれば、いろんな人といろんなことを喋ったけど、ここに書くのはちょっと違うかなという日もある。ちょっと違うかなという趣旨は、とりあえずその場しのぎで話を合わせていただけで自分自身まったく好奇心を刺激されなかったからここに書くに及ばない場合と、いろいろ真面目に考えさせられてしまったので簡単に言葉にするのが憚られてしまう場合とがある。後者の場合、もう少し踏ん張って頑張って言葉にしてみることで、新たに得られることももちろんあると思うのだけど、それはそれで大きなエネルギーが必要になるわけで。

と、ブログを書こうとして書くことがないことに気付き、書くことがないという現象について思ったことをそのまま書いたわけだけれども、文章としてはまったく面白くないですね。知っています。ブログの在り方というのがいまひとつ定まらないけど、どうしましょうかね。本やCD、映画の紹介に特化するwebページというのを中高時代に立ち上げていたことはあるのだけど、そういう紹介も、ある種、簡単に言葉にするのが憚られる類の文章という感じがしている。もっともっと感じたことはあるはずなのに、文章にするとどうしてこうなってしまうんだろう、的な。その試行錯誤を繰り返していくことで文章力も成長していくのだとは思うのだけど、なかなか。それよりは、何か面白いことがあったときに、それにちゃんと気付いてここに書くことができるように、観察眼を磨いた方が近道かもしれませんね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。