上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.07 山田太郎御中
幹事をやることが多い。一般論としてもそうだけど、それはまぁ置いておいて、予定されている大きな宴会のうち、幹事を務めるものが年内に3回。そのうちの1つは、葉書で出欠を募っており、ちょうど締め切りが過ぎたところである。今日、1枚の葉書が届く。締め切りは1週間前だと言っているのに、どこのアホだ、こんなタイミングで送ってくるのは(想定の範囲内なので別に困ったことはないけど。)、と思いながらよくよく見ると、宛名欄の「●△◆□(ボクの本名)行」の「行」が丁寧に消され、なんと横には「御中」と書いてある。これにはガックリ。「●△◆□」はどこぞの会社か、と。初めて見ました、こんな人。ボクよりも少なくとも7歳は年上だから、もう30歳は過ぎているはずですが、こんなに恥ずかしい人がいるのですね。人からそう思われないようなオトナを目指したいものです。

そもそも、「御中」の「御」という字は、当該「御」という字の後に続く言葉を丁寧にするために敬意を示す働きをする語であるのだから、「御中」は相手にあたる何かの「中」という意味なのだというのは、考えなくてもわかりそうなものである。その人はボクの中の何に出欠の葉書を出してくれたのだろうか。脳のうち、幹事の労を担当する部分? そんなアホな。個人の名前の後に「御中」と付すなんて、そう考えただけでもナンセンスだということはわかるじゃないか。今のボクだって、こういう自分の主張は何か間違っているのかもしれないと思った上で、マナー辞典的なものを引いてこう言っているんじゃない。だって、そんなことするまでもなく、ここに書いたことが正しいということは確信しているし。

「御中」は例外的に低レベルだとしても、敬称の誤りは散見される。「様」の方が本来「殿」よりも格上だというのはよく知られていることだけれど、「各位」が敬称であるということを理解している人は意外と少ない。すると何が起こるかというと、「●●課各位殿」なんていう不恰好な日本語がお目見えすることになる。「●△◆□様殿」と書いているようなものじゃないか。そんなもの、判断がつかないのなら、「●●課の皆様」と書けば良いのだから、いかなる疑いもなく、「各位殿」を当然のように使っているということがわかる。残念。この原因は、そもそも「殿」が多用される傾向にあるからだと思う。「様」ほど格式ばっていないと整理される言葉なので、使い勝手が良いというのはわかるけど、「●●課長殿」という言い方は、もはやスタンダードになったかと思われるほど広く流通している。本来、「課長」は一つの敬称なのだから、その後に「殿」を付す必要はなく、むしろ「殿」を付すことによって「●△◆□様殿」と同じことが起こっているのだけど、どうしてあまり理解されないのだろう。たとえば電話応対なんかでは、相手に自分の課長についてへりくだって言及するときに、「●●課長」というのは敬称を付していることになるから正しくなく、どうしても単なる呼び捨てが憚られるようであれば「課長の●●」と言うというのは王道で、それは実際に実践している人が多いと思うのだが、それがテキストになった途端に、どうして「課長」が敬称であるという理解が消えうせ、「●●課長殿」と書くんだろう。あれは不思議。むしろ、それが広く流通していると、単に「●●課長」と書くほうが、丁寧さを欠いているように見られるのかもしれないと思い、不愉快ですらあります。敬語についてモノ申したいことはまだまだあるが、今日はとりあえず敬称シリーズということでここで打ち止め。
スポンサーサイト
台風が来るらしいですね。幼いときから、台風が来るというと、なんとなくワクワクします。風雨のためにビショビショになるのは嫌だけど、家の中から暴風が吹き荒れる屋外を見るのはなんとなく好きでした。なんでだかわからないけど。それは今も変わらないかも。あー台風来るんだーどんなことになるんだろー、と純粋に思ってしまいます。不謹慎なのは重々承知の上で言っているのですが。

で、台風。中学・高校は「暴風警報」が午前6時の時点で発令されていると、休校の措置が採られました。もちろん、公共交通機関が動かないからというのもありますが、基本的には危ないから。だって、どこから何が飛んできて、頭に直撃して死ぬかわからないしね。でも、公共交通機関が動かないことによる不便とか、何かが飛んできて死ぬかもしれない危険性って、中高生だからより高いということはなく、社会人だって同じだと思うのですよ。台風が来たら、職場も休みになればいいのに。あらゆる商取引も中止、公的な会議も中止、今日はみんな家でじっとしていましょう、みたいな(その場合、暴風警報を発令する気象庁の人たちと、発令された暴風警報について周知する報道機関の人は、いずれにせよ休めないわけだけど。公共交通機関だって、どうせ止まるんだからストライキみたいに休んでしまえばよい。)。

そもそも、社会人が一斉に休めるのが年末年始とGWぐらいしかないというのがおかしいと思う。そもそも、年末年始とGWが制度的に確立している時点で、一部の例外があるとはいえ社会全体がお休み状態になったとしても1週間程度であれば支障がないことは証明されている。にもかかわらず、一般的な休みと認識されている「お盆休み」だとか、一般的に危険だから外に出るべきではないと思われている「台風」のときに、一斉に休むことができないということは、何ら説明できない。GWや年末年始に一斉に休むことができるのであれば、少なくとも前もって時期が特定されているお盆だって一斉に休むことができるようにすれば良いし、臨機応変な対応が求められるとはいえ「台風」のときだって休めばよい。何より身の安全のために。

お盆休みについては、お盆のときじゃなくても、みんなそれぞれ夏休みは取得するではないか、との反論もあり得よう。しかるに、各自の夏休み期間中、自分以外の人は通常どおり仕事をしているわけで、その間、物事が進むというのは、休んでいても気が気ではないという側面があることは否定できない。もしかしたら緊急事態が起こって電話が鳴るのではないかと怯えながら休みを過ごす日本人はとてもたくさんいるだろうし、それ以上に、休み明けに出社して休み中に溜まった仕事を見るのを想像して休み中から憂鬱になってしまう人はもっと多いだろう。そんなもの、みんなが一斉に休みを取って、その間は物事が一切進まないということを担保すれば、あっという間に解決されるのに。しかも、12月、4月と来て、8月にもその手の休みがあったら、年間バランス的にもちょうどいいじゃないか。なんでそうしないんだろうなぁ。

以上、台風が来るんだから会社も休みになればいいのに、という戯言から始まった思考回路の整理。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。