上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.31 というわけで
振り返ります、2008年。
本当は、こういうの書くの、絶対いろいろ書ききれなくて、嫌なんだけど、
まぁそこは大みそかですしね、いろいろ書ききれない前提で、とりあえずざざっと。

1月
最後のレギュラー演奏会。まさかのモーツァルト。

2月
最後の試験。単位が揃って気を抜いたか、ふるわず。
フィンランド・エストニア旅行。

3月
卒演。今年一番の思い出。もうないな、ああいう経験。皆さん有難うございました。
ベトナム旅行。
卒業式。答辞を読む。

4月
入社。研修所に通う毎日。
毎日スーツを着ることですら耐えがたいと感じる。
誕生日。卒業後初の学年会で盛大に祝ってもらう。以後、学年会は定例化。

5月
本社配属。割と予想外。

6月
出張前に忙しい毎日。残業の嵐。

7月
初の出張。
夏休み代わりの1週間の研修。

8月
仕事は割とヒマ。
夏休み代わりの2週間の研修。

9月
1週間、ホントの夏休み。
リーマン破たん。

10月
突如忙しくなり始める。嵐の予感。

11月
出張前に忙しい毎日。残業の大嵐。暴風雨。200時間超。
初の海外出張。2泊4日。2泊合わせて4時間未満の睡眠。帰りの機内も2時間足らず。
9000円払って申し込んだ仏検準1級を出張のために受け損ねる。

12月
怒涛の忘年会ロード。


というわけで、振り返ってみたところで、
4月以降は変わり映えしなくて、あまり面白くない。もちょっとあると思ったけど。
旅行とか、演奏会とか、そういうことしないとねぇ。
といいつつ、サークルの演奏会には引き続き顔を出し、みんなに相手してもらいました。
月並みだけど、こういうつながりはずっと大事にしていかないとね。感謝してます。

2009年が、皆様にとって幸多き年になりますように。良いお年を。

スポンサーサイト
2008.12.30 仕事納め
こんな時期まで働いていたわけではまったくありません。
世間並みに、といっても銀行とかの人は30日まで働いていたみたいですけど、
26日の金曜日が仕事納めで、黄金の9連休を迎えております。
とはいえ、もうそのうち4日が経過してしまったわけで、焦っているわけですが。

年末年始の休暇の何が良いって、夏休みと違って、みんなが一斉に休むこと。
職場復帰したら、自分だけワケわかんなーい!ってことには絶対なってないし、
休み中に仕事関係でケータイがなる可能性もだいぶ低い(既に1回かかってきたけど)。
こんなに快適に神経を開放できる機会はなかなかないしね。ありがたや。

夏休みも、みんな一斉に休めばいいんだよなー。
12月終わりから1月あたまが年末年始で、
4月終わりから5月あたまがゴールデンウィークなんだから、
8月終わりから9月あたまに暑い中よく頑張りました連休があっても、いいじゃんねぇ。
その間、年度の変わり目、夏のボーナス、冬のボーナスを挟んで、バランスいいし。

つまらないことをゴチャゴチャ抜かしても仕方ないのでそろそろ黙りますが、
かーなーり遊んで、かーなーりゆっくり過ごして、快適なわけです。
26日は、職場の若手5人で飲み→同期1人+共通の友達1人で飲み→同期1人+先輩1人で飲み、
28日は、学生時代のバイト仲間7人で飲み→学生時代のゼミの先輩と6人で飲み&カラオケ、
29日は、学生時代のバイト仲間3人でゴハン、とたくさん遊んだわけです。
それで今日は墓参りで先祖孝行。我ながら素晴らしい休暇じゃないか。

来年の目標は、面倒くさがらずにこまめにブログを更新すること。
書くことがないという状況をなくすために、研ぎ澄まされた感受性を持ちたいものです。
んー、でも、来年の目標とか書き始めて、今年最後のブログっぽくするのはやめよう。
だって、まだあと1日あるし! 流行りの1年振り返る記事は明日書くことにしよう。そうしよう。
2008.12.18 有給休暇
をとったのです。今日の午後と明日。

今日はネクタイもつけず、スーツも着ずに出勤。午前中に毎週ある語学研修を受け、
同期とランチをし、オフィスに戻る彼らを横目に解放されて銀座へ。
前からちょっといいかも、と思っていたメガネを思い切って作ってしまう。
絶対に似合わないはずだったセルフレームも、四角くてかつ横に長ければ、
それなりに合うじゃないか、というのを発見して、作ろうと思っていたもの。
ボーナスも入ったし、先月は残業いっぱいしたし、と自分への言い訳はたくさん。
年末って怒涛の忘年会ロードがあったりして、ちっとも説得力ないんだけど。

その後、ワッフルをかじりながらヤマハへ移動。
ムダと思いつつ、楽譜を購入。たまったポイントで150円引き。ワッフル代ぐらいにはなる。
メガネを受け取って、とりあえず帰ってきたところ。今から実家へ帰ります。3ヵ月半ぶり。

とりあえず伸びっぱなしになっている髪を切ります。
前にも書いたけど、「お勤めですか?」から会話をスタートするのが面倒くさくて、
まだ都内では髪を切っておらず、実家に帰ったときに行きつけのお店できっているのです。
あとは、久しぶりに自分のピアノを触ること。年賀状をシコシコ書くこと。
それぐらいかな。それを全部こなそうとすると、明日も忙しいのではないか、と戦々恐々。
あ、あと久しぶりにテレビを見る。
2008.12.13 今年の風邪
①熱+お腹
②熱+のど
の2タイプがあるらしい。

まずどっちにも「熱」という要素が入っているのが厄介だし、
しかも、どっちのタイプもこの熱がなかなか下がらないらしい。

というわけで、今週は厄介な風邪に見舞われ、ヒーヒー言ってました。タイプ①。
ふだん、「自分の風邪は絶対のどから。ベンザブロックは銀以外ありえない」と豪語していますが、
それぐらいのど以外の症状って、数えるほどしか出たことなくて、
お腹の風邪なんて、それこそ最近では3年生のときの新歓ぐらい。ましてや熱なんて。

と思っていたら、出たのです、熱が。
日曜日の深夜に、ちょっと頭思いなぁ~と思ってそのまま寝て、
月曜日の朝には、ちょっと熱っぽいかなぁ~という感じに。
「医者嫌い、薬嫌い」という日本人に多い感覚をまったく理解できない僕は、
そういうとき、さくっと薬を飲んだり、医者に見てもらったりします。だって早く治った方がいいし。
で、午前中に職場の診療所へ。

問診票に「症状:微熱」と書くと、じゃぁ測ってくださいと言われる。そりゃそうですよね。
測ると、驚きの38度4分。「微熱じゃないですか!」と女医さんから一喝。すんません。
症状は熱だけ、ということで、よく効く解熱剤(ボルタレン)を出してもらう。
すぐ飲むとたしかにガクンと熱は下がる。するともう普段どおり。
午後以降は職場の外での会議だったのだけど、通常通り働く。

火曜日になっても熱は下がらず、さらにお腹にも異変が。
再び診療所に行って、追加のボルタレンと、抗生物質・整腸剤・炎症止めをもらう。
4つも薬を飲むから、あたかも重病人のよう。やはり熱が下がっている間は普段どおり。
が、切れると怖い。起きている間は飲み続けていればいいからいいんだけど、寝ている間。
まさかと思ったけど、本当に薬が切れると目が覚める。
熱が出ているときのあの全身のだるさと、悪寒。おぉこれが悪寒か、という感じ。

水曜日もまだ下がらず、追加のボルタレンをもらう。
「そんなに飲んでるんですか!?」と看護士さんにビックリされる。苦笑
ええ、だって、飲むと下がるじゃないですか。ねぇ。

木曜日から熱は上がらなくなり、お腹だけに。
あとは順繰り良くなっていきましたとさ。
木曜、金曜は職場関係の忘年会にもがっつり出席。


というわけで、今年の風邪は厄介ですから気をつけてください、みなさま。
熱が長いのが厄介。まぁ、これは休まずに働いちゃったから、かもしれないけど。
でも逆に言うと、主な症状は熱だけだから、解熱剤さえ飲めば、日常生活に支障はないのです。
このあたりは、のどが痛いとか、頭痛がひどいとか、鼻づまりで頭がボーッとするとか、
その手の風邪に比べると、かえってマシなのかもしれない。

健やかに楽しい年末年始を迎えましょう。
今日を休肝日とし、日、月、火とまた忘年会。なんだそれ。
2008.12.06 師走
に入りましたね。
一度更新をサボりだすと、更新するのは億劫になる、という病は治らず、
またこんなに間が空いてしまいました。反省。
他人のブログ見ると、ちょっとは更新しろよ、とか思ってしまうのにね。反省。

今日は、伊勢丹のプリン・ド・オー(金のプリン)で、
念願の、北海道のデュ・ノールを買って、一人で食べました。
パステルみたいにとにかく柔らかくすりゃいいだろっていう乱暴さもなく、
かといってコンビニプリンみたいな凝固剤コテコテという感じでもなく、
味も口あたりもとてもお上品なプリンで美味しかったです。値段もお上品だけど。

dunord

その後、金券ショップで買うと安いと聞いたので、
通りがかりに発見した金券ショップで年賀葉書を購入。
10枚組で470円でした。6%引きで買えるのだからまずまずかな、と。
100枚買ったら300円もうかるわけでしょ、プリン代の足しにはなるじゃないか、と。
うっかり何枚必要なのか計算せずに出てきてしまったのが失敗。
帰宅後、去年までのリストを見て、それに職場や親戚を加えると、葉書が大幅に足りない。
また明日買い足さないと。

今まで親戚へ出す分をサボっていたツケがこんなところに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。