上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kokuritsushinbijutsukan

見てきました@国立新美術館。

広い会場だったからマシだったものの、混んでた。とにかく。
まぁ3連休の中日なんかに行くこっちも悪いんだけど。
18時閉館、金曜日は20時閉館というのは、他のミュゼより遅くて結構なんだけど、
どうせ遅くするなら、金曜日はもっともっと遅くしてくれないかなぁ、22時とか23時とか。
2時間半かかるとしたら、20時閉館でも17時半には入らなきゃいけないわけでしょ。
とすると、せっかくほかより遅くしてるのに、その効果が薄くなるというか。

で、ピカソ。
いやーピカソばかり集めるとこうなるのね、という感じでした。
パリの国立ピカソにはもっとあるわけでしょ、どうなってるんだろう、その世界。
とにかくまぁ日本人はピカソが大好きで、ピカソと聞けば大挙して押し寄せるものの、
押し寄せた会場では人目を憚らず「なにこれ」「全然わかんない」ばかり。どうにかならんか。
そりゃ自分も美術はど素人ですから、わかった気になったりするわけではないけど、
時代背景とか、解説文からわかるピカソのバイオグラフィーとかからインスピレーションを受けて、
思うところだってあるでしょう、どうしてそういうとこに目を向けて、黙考できないのか、と。
作品に対する評価は別として、誰だって「わかんない」と言われるために創作はしてないはずだ。
そうして「わかんない」まんま出口を出て、ショップで盲目的に絵葉書を買い求める。
図録には目もくれずに。それじゃぁわかんないままだろうよ、と。
(↑テキストの量は多くないものの、にもかかわらず参考文献がしっかりしていて秀逸だった)

愛と創造の軌跡というコンセプトの展覧会らしく、
ここそこにピカソその人のフェティズムというか嗜好を感じさせられて面白かったです。
クロノロジカルに展示されていて、その展示方法自体は恐ろしく平凡だなと思ったんだけど、
それがゆえに、一人の画家としての嗜好の変遷を顕著に汲み取ることができて、
ビューアー・フレンドリーな展覧会だなぁという印象を受けました。論文一本書けそうなくらい。

クロノロジカルな展示で平凡と言ったけど、クロノロジカルという太い軸に、
女性関係というもう一本の軸をうまく重ね合わせており、そこは良かったです。
ピカソの女性関係という視点こそ一見平凡すぎるくらい平凡ではあるけれど、
結果としてああいう展示を浮き上がらせることができるのは、
愛と創造の軌跡と題して、それにそぐう作品群を集めたからこそ為せる業であり、
国立新美術館の学芸員か、国立ピカソの学芸員か知らないけど、優秀なんだなぁと思いました。

ど素人なので、その作品がピカソらしい作品なのか、らしからぬ作品なのかわからないけど、
タブローでは「ロワイヤンのカフェ」という作品がすごく気に入りました。
グッズは絵葉書しか売ってなかったから、そんなに前面に出していなそうだったけど。
再来年に渡仏するにあたり、ロワイヤンってどんな街なのか調べようー♪と思いました。
というわけで、今からジュンク堂の留学ガイドコーナーに行ってきます。笑
スポンサーサイト
2008.10.11 想定外
なんて言葉が流行ったのも、ずいぶん前になりましたね。

想定外というのは、最近の仕事の話。
前回の更新からあっという間に1週間経ってしまったけど、
もともとは落ち着いた時期で、長期的な仕事にいろいろ取り組めるはずだった今ごろ、
なんだか想定外のものがいろいろ降って来て、徐々に時間を奪われつつある。。。

今日も土曜日、しかも3連休の初日だというのに、朝7時から出勤してしまった。
朝7時集合とか、高校の文化祭の当日とか、そういう特別な時にすることじゃないの?、
と半ば本気で思いつつ、淡々とお仕事をこなして帰ってきました。

これまた高校時代以来ぐらいに、昼寝とかしようかな。シエスタ☆

なんかいろいろ書こうと思ってたことはあった気がするんだけど、まぁいいや。
あ、巷のブログで話題沸騰のノーベル賞受賞者を報道で「さん」付けする件、
僕も喋りたいです。でも、書き出すと時間かかりそうだから、また今度。笑
2008.10.05 食い倒れ
土曜日。

ランチ。青山川上庵で1,800円のコース2。
やっぱりあそこのクルミダレせいろは大好きである。病み付き。
そして、噂に違わず、デザートの杏仁豆腐も柔らかくて美味だった。
最近ハヤリの、大した蕎麦は出さないのにjazzを流してお洒落なだけの蕎麦屋、とは違う。

お茶。berry parfait(っていうんだっけ、berry cafeのタルトじゃなくてパフェ版)。
オーダーは、ストロベリーモンブランのパフェ。苺乗りまくり、中にまで入りまくり。
おまけに苺のソルベに、挙句の果てに苺のソースまでお好みでかけられる。
高いなと思ったけど、ここまでやってくれるなら1,500円でも文句言いません。

夜。不覚にも店の名前は忘れたが、お洒落和風居酒屋で。
新秋刀魚の塩焼きとか、最高でした。すだち酒なんて変り種もあったりして。
さらに黒豚しゃぶしゃぶ。ちりめんじゃこごはんもすっげー美味しかった。
あとはなんだっけ、そうそう、おつまみの蛸の唐揚げとかも、さくっと揚がってました。
すごい量オーダーしてたから金額を覚悟していたものの、
人数が多かったせいか、一人あたりはそれほどかさまず。いひひ。

と、食べてばっかりの土曜日。
でもまぁいいのです、半年ぶりに会った先輩も2人もいたし。
まさか社会人になったという理由で、彼らより多く払うことになるとは思わなかったけど。笑

日曜日。
みたらし団子と栗あん団子を2本ずつ、ブランチとして食べる。
オアゾの丸善のカフェで柚子ヨーグルトワッフルを食べる。
そのまま、上の階の「えん」に移動して、飲む。
マグロのカマ焼きが旨すぎでした。あと、カブと水菜と若布のサラダとか。
いや、待てよ、あさりの雑炊も美味しかったし、アナゴ寿司も最高でした。

ここで豆知識。
炊いたご飯を一度水に通すのが雑炊。水に通さずそのまま煮るのがおじや。

というわけで、食べすぎです。
というか、食べることしかしてないんじゃなかろうか、この週末。
来週の3連休は果たしてどうなることやら。
こんだけ食べたからには、1週間、元気に働きまーす。
になってしまった。反省。

というのも、週末もブログを更新する間もないほどに忙しく働きづめで…

というのは嘘で、ピアノの会の学年会やら、同期とのデザートビュッフェやら、楽しんでました。

ちょっとだけ出勤もしたけどね。


今日、会社には内定者諸君が内定式のために来ていました。

待合室から一人ひとり採用内定通知をもらう部屋の間にうちのオフィスが会って、

何人かそれらしき人を見かけたものの、知り合いの内定者は発見できず。残念。

まぁうち一人からは連絡が来て、研修が僕と同じグループ(なんだ、この書き方)になったらしい。

半年後、彼らが入ってきてくれるのが楽しみ。

が、それと同時に研修の時間が半減してしまうのはどうにかしてほしい。マジで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。