上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.31 四字熟語
のタイトルもこれが最後です。大晦日だから。

9時に帰宅。2時間寝て11時半起床。東京へ。
マジで怒涛の生活。よりによって年の瀬に。完全に想定外。
寝不足のせいか、体調も芳しくないし、手はガサガサ。

そこに第一徹夜で一緒だった社会人から、インフルエンザになったメール。
一晩狭いボックスにいたんだから、うつってないわけなくない?
というわけで、寝正月になる予感。それも祖父母宅には行くけど。
そんなことを聞いたから、寝不足の上、若干憂鬱気味に。

帰宅し、紅白の前半の終わりあたりから見る。
前半のトリが夜桜お七というのは、なかなかハイセンス。
でも、全体に鶴瓶が喋りすぎ。去年のみのもんたと同じ。
家族に乾杯的なグダグダ番組なら上手にやるんだろうけど、
紅白の司会とかは完全に不向きだろ。中居くんも困ってたし。
挙句の果てに津軽海峡冬景色はすごいハイスピードになったし。
いい曲なのに。名曲なのに。まぁ聴けただけでよかったけど。


年末ということで、今年を振り返ったりしたほうがいいだろうか。
オフィシャルな面では、進路が決まったということがなによりか。
それだけでモノの考え方が変わったところもあるような気がするし、
気のもちようも年の前半と後半ではだいぶ違うし。

ソフトな面では、いろいろな人に出会い、話したこと。
従来から付き合いのあるサークルの先輩・同期・後輩はもちろん、
サークルの新入生、会社の同期、ゼミの新メンバーのように、
今年出会った人たち。ゼミの先輩のように今年別れた人たち。
高校の同期会で今年再会した人たち。
付き合いの濃い薄いがあるのは当然だけど、
そういういろんな付き合いが一つ一つ積み重なって、自分があるな、と。

2007年のいろんなイベントを思い起こし、
それを実感する部分はたくさんあるし、列挙もすればできるけど、
3ヵ月後にもっといろいろその手のことを考えるだろうから、
大晦日に考えるのはここらへんで止めておこうと思う。

2008年が実り多い年になりますように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。