上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 気が付くとあっという間に1か月。facebookの要らない機能について議論を掘り下げる間もなく、5月ももうすぐ終わるような時期になってしまいました。そうこうしているうちに1年10か月に及んだ留学生活もそろそろ終わり。来た頃には2年もいれば語学も見違えるほど上達するのだろうと思っていたけどそうでもなかったり、まだまだ行っていないところや見ていないものもたくさんあったり、そんなことを思うにつけ、決して長い時間ではなかったなというのが正直な感想です。

 「その1」と題した以上、「その2」以降も書きたいと思いますが、留学中にやったことを備忘録にしようかなと思いまして。やったことといっても、食べたものなんかを挙げ始めたらキリがないので、とりあえずは自分の文化的活動ということで、弾いた曲とか読んだ本とか旅行したところとか、そんなものを書いて行こうかなぁと思っております。

第1弾はこっちに来てから仕上げた曲。こっちに来て学生生活に戻ったわけですが、東京で学生をしていた頃ほどにはたくさんの曲には取り組めなかったなぁという感じですかね。まぁ、2年の間には身近にピアノがない時期というのもあったので、それを差し引けばこんなものか。


●シューマン:アラベスク ハ長調 Op.18

●リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171

●ラフマニノフ:楽興の時 Op.16より 第4曲 ホ短調

●J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻より 前奏曲とフーガ 第15番 ト長調 BWV.884

●ブラームス:2つの狂詩曲 Op.79

●ドビュッシー:前奏曲集第1巻より 「アナカプリの丘」「パックの踊り」
         同第2巻より「オンディーヌ(水の精)」

●シューマン=リスト:歌曲「ミルテの花」Op.25より 「献呈」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://405a10474.blog113.fc2.com/tb.php/543-b3dc47c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。